スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月30日の巻

 いよいよ6月も終わりです、が今日もいいお天気!!

ということでシャローをノーシンカーワームで釣っていくゲストさんにグッドサイズ~。
P1130592.jpg
テキサスリグにもヒットしたりしますがラインブレイク…。

本格的に太陽が昇ってからはいつものようにライトリグでスローに釣っていくとゲストさんに大型サイズがヒットするもののウィードに潜られてバレてしまいました。ウィードが日に日に成長するこの時期は掛けてからのファイトがなかなか難しくなってきます。
気を取り直してエリアを変えて釣っていくと私にグッドサイズ。
P1130593.jpg

ゲストさんにもヒット~。
P1130594.jpg
ここでも活性が低いのか、バレり、ウィードに潜られたり苦戦気味。

今度は私のラバージグにグッドサイズ~。
P1130595.jpg
しかし、ラバージグは単発で終了。

ゲストさんはライトリグでサイズアップ~。
P1130597.jpg

またまたゲストさんにグッドサイズ~!!。
P1130601.jpg

今日は良いことがなく少々凹み気味のゲストさんにもヒット~。
P1130602.jpg

曇りだしたタイミングでポッパーをキャストしていくとゲストさんにグッドサイズ~。
P1130603.jpg
トップは焦ってフックセットしてしまうとうまくのらないのでバシャっとでて一呼吸おいてからのアワセが重要。でもわかっていても「バシャ」と出るとついつい焦ってしまうもの。そんな場面も幾つもありました。

今度はポッパーに一度のらなかったバイトを、ステイで見事にのせるとなんと80cm級のライギョ~!!
P1130605.jpg
ポッパー丸呑みで大変でした、しかし最近は珍しくなった琵琶湖のライギョに少し感動。

今度も一呼吸おいてしっかりのせるとブルーギル~。
P1130609.jpg
琵琶湖のブルーギルも少なくなってしまってます。

今度はしっかりポッパーにグッドサイズのブラックバス~。
P1130610.jpg
喰わせどころを考えてアクションをしていくとフックセットも決まり易いです。

ゲストさんのポッパーにもグッドサイズ~。
P1130612.jpg

またまたゲストさんのポッパーにグッドサイズ~。
P1130614.jpg

またまたまたゲストさんのポッパーにグッドサイズ~。
P1130615.jpg

またまたまたゲストさんのポッパーにグッドサイズ~。
P1130616.jpg

どんどんポッパーにグッドサイズ~。
P1130617.jpg
もちろん水面に炸裂したバイトすべがうまくはのらないので、バイトはかなりあって楽しいです!!。

私のポッパーにもグッドサイズ~。
P1130619.jpg

またまたゲストさんのポッパーにグッドサイズ~。
P1130620.jpg
かなりウィードがキツイシャローを釣っているのでウィードに潜られてバレてしまう場面も多々あり。

でもまたまたまたゲストさんのポッパーにグッドサイズ~。
P1130622.jpg

またまたまたゲストさんのポッパーにグッドサイズ~。
P1130623.jpg
ゲストさんも楽しくてもう笑いが止まりません。

ラストに私のポッパーにグッドサイズ~。
P1130624.jpg

という訳で今日は大型サイズこそ釣れなかったものの40~45cmクラスがトップに出て楽しい1日となりました。

天候のタイミングさえうまく合えばトップウォーターで楽しめる季節がもうしばらく続きます。7月も平日を中心にまだ週末にもガイドの秋がございますので皆さんのお越しをお待ちしております。
スポンサーサイト

6月29日の巻

 トーナメント開催日とあって湖上は混雑気味、まずは人の少ないエリアから釣っていくことに。

ノーシンカーワームを中心にシャローを釣っていくとゲストさんにビッグサイズがヒット!!ジャンプしたその姿は余裕のロクマル越え!!がしかしボート際でウィードに潜られフックアウト…ちょっと悔しいスタートとなりました。

気持ちを入れ替え、ライトリグでスローに釣っていくとゲストさんにグッドサイズ~。
P1130577.jpg
午前は晴れて凄くいい天気!!

もう一人のゲストさんにも40後半サイズのグッドサイズ~。
P1130578.jpg

エリアを変えて釣っていくと私に40up~。
P1130579.jpg

しかしその後はバイトが止まってしまいました。また後半は雲行きが怪しくなり、雨が降ったり、コロコロ変わる風向きに翻弄されて右往左往。

なんとか状況が落ち着いたので丁寧に釣っていくとゲストさんに50up~。
P1130583.jpg

またまたゲストさんに40upのグッドサイズ~。
P1130585.jpg

今度は私に40後半のグッドサイズ~!!
P1130586.jpg
このとき後ろに写るゲストさんにもヒット~!!しかし50クラスのサイズでしたがネット際でフックアウト~残念。今日はバイトが浅いので仕方ないです。

しかし気持ちを崩さずに釣っていくとまたまたゲストさんにグッドサイズ~。
P1130590.jpg
40cm後半のグッドプロポーションでした。

またまた雲行きが怪しくなってきたタイミングでラストにゲストさんにグッドサイズ~。
P1130591.jpg

イージーとは云えない難しいコンディションでしたが、集中力を欠くことなく最後まで楽しく釣っていただきました。

6月28日の巻

朝から梅雨らしい曇天の空、ゲストさんと共に期待に胸を膨らませ、トップウォータからスタート。

しかし、完全不発、その後はテキサスリグ、ノーシンカーなどなど手早くローテションしながら釣るもののバイトがありません。
多少風が強い程度でその他は申し分ないコンディションなのに、とにかくバイトがないという現実だけを受け止めてライトリグでスローに釣っていくとゲストさんにビッグサイズがヒットするもののラインブレイク。

ちょっと精神的にダメージを追いますが、崩れることなく集中して釣っていくとゲストさんに50up~。
DSC_0581b.jpg
はいはい、写真っと、カメラを取り出すものの、私のカメラはウントモスントモ云いません、どうやら壊れてしまったようです。もう8年くらい使っているので仕方ないのかもしれませんがちょっとショック。

今度は私のベイトフィネスにグッドサイズ~。
DSC_0593b.jpg

バイトが遠のいたタイミングでスピニングロッド投入、なんと持ち替えてファーストキャスト、2アクション目に40後半のグッドサイズ~。
DSC_0591b.jpg
これがたまたまなのか必然かは不明、ただ間違いないことは、今日はバイトが果てしなく遠い。

今度は私にマイクロサイズ~。すいません、釣ってません。水面に浮いていました、スポーニング後のこの時期に湖の具合が悪いとたまにこうした光景に出くわします。
DSC_0600b.jpg
しかし数年後にはこのちっちゃい子がこう↓なります!!

ゲストさんに54cm~。
DSC_0599b.jpg
今日は釣れれば良いサイズばかりだったのですが、とにかくそれ以外のバイトがなく修行モードの1日でした。
そして、携帯カメラの写真をブログにアップするのはかなり面倒だということがわかりました、カメラを買いたいのですが、しばらくは携帯カメラ生活になりそうな予感!!



完全に止まってしまっていたホームページを完全リニューアルオープン!!

私は応援を頑張りました!! 「がんばれ~!!」「行け~!!」「GoGoGo~!!」

そんな私の熱烈な応援の甲斐あってやっと出来たホームページのアドレスは

http://www.smileyfishing.com/

です!!
ガイドのスケジュール、空き日程も見ることが出来ます!!
もちろんまだ未完成な部分もあり、なんだかスキューバダイビングのファンページみたいになってますが、これからまだ頑張って作っていくことが出来るといいな~と思っています。

あとブログはこのブログをまだしばらくは使うことが出来るようになったのでこのまま行くことにしました。

今後ともよろしくお願いします。  大熊一徳

新装オープンの巻き!!

 完全に止まってしまっていたホームページを完全リニューアルオープン!!

私は応援を頑張りました!! 「がんばれ~!!」「行け~!!」「GoGoGo~!!」

そんな私の熱烈な応援の甲斐あってやっと出来たホームページのアドレスは

http://www.smileyfishing.com/

です!!
ガイドのスケジュール、空き日程も見ることが出来ます!!
もちろんまだ未完成な部分もあり、なんだかスキューバダイビングのファンページみたいになってますが、これからまだ頑張って作っていくことが出来るといいな~と思っています。

あとブログはこのブログをまだしばらくは使うことが出来るようになったのでこのまま行くことにしました。

今後ともよろしくお願いします。  大熊一徳

6月25日の巻

今日も真っ青な空、梅雨は一体どこへやら、朝から日差しがマブしいぜ!!

本来ならこの季節はトップウォーターからスタートと行きたいのですが、さすがにこの天気では無謀なので、シャローのカナダ藻をノーシンカーワームでスローに釣っていきます。
のらないバイトを幾つかとったあと、私に40後半サイズのグッドなバス~。
P1130570.jpg
エビモやフサモといった水面系ウィードを釣るのてあれば差ほど難しいことはないのですが、まだまだ背が低いカナダ藻をノーシンカーワームで釣るには繊細なティップを持ったロッドでショートストロークのアクションで釣っていくことが重要です。

カナダ藻のコリッコリッとした感触を感じつつ釣っていくとまたまた私にグッドサイズ~。
P1130571.jpg

沖のカナダ藻エリアをテキサスリグで釣っていくとゲストさんに40upのグッドサイズ~。
P1130572.jpg
今の時期のカナダ藻テキサスリグタックルは7FTミディアムヘビーパワーのロッドに10gシンカー、ワームは7インチサイズのストレート系ワーム。

今度は私のテキサスリグに55cmサイズのビッグバス~。
P1130573.jpg
ロッドはなぜかファルコンロッド、これがちょっとイマイチなんです。

今度はゲストさんのテキサスリグにグッドサイズ~。
P1130574.jpg
今日はバイトが少ないので、テキサスリグ修行の様相…。

後半、バイトが全くと言ってよいほどなくなって大苦戦、ようやく私のノーシンカーワームにグッドサイズ~。
P1130575.jpg

天気の影響下、それとも止まってしまったカレントのせいか、いずれにしても手強い琵琶湖でした。

6月24日の巻

 梅雨は何処へやら真っ青な空が朝から広がってます。
今期は入梅こそ早かったものの今のところ琵琶湖方面は明らかにカラ梅雨傾向、まとまった雨は全く降っておらず、-水位に突入後は放水量も20t程度に絞られてしまっています。

そんな梅雨の晴れ間はテキサスリグでカナダ藻を釣っていくのがこの時期の定番、さっそく私のテキサスリグにグッドサイズ~。
P1130556.jpg
しかし、その後はバイトも少なく、バイトはあっても弱いバイトだけ…。

ということでアウトサイドラインやポケットに絡むカナダ藻をライトリグで丁寧にうっていくと、ゲストさんにグッドサイズ~。
P1130557.jpg

またまたゲストさんのライトリグに40後半サイズのグッドサイズ~。
P1130559.jpg
ここのところワームは「細長い系」が好調。カラーも透明感のある色にバイトが集中します。

またまたゲストさんにグッドサイズ~。
P1130563.jpg
もっと大きなサイズもヒットしましたが、バレてしまいました。

もう空は真夏を思わせる入道雲が登場、気温も30℃近くまで上昇してます。
P1130561.jpg
こういう天候なので、ゆっくりしたステイ中心のアクションでスローに釣っていくことに。まるでトーナメントの釣り。

後半もスローに釣っていくと、太陽が雲に隠れた瞬間にバイト!!
P1130564.jpg
40後半のキレイなバスです。

同じタイミングで私にも40upのグッドサイズ~。
P1130567.jpg

少しでも太陽が掛かるとバイトが出ます。
P1130568.jpg

最後まで集中力を切らさずに釣っていくとゲストさんにグッドなサイズ~。
P1130569.jpg

梅雨の晴れ間の厳しいコンディションでしたが、スローに徹することでグッドなバスを釣ることが出来ました。

6月23日の巻

相変わらずクリアウォーターが続く現在の琵琶湖、特にここのところ晴れ続きでスローな釣りが続いています、つい先日はテキサスリグ強く押しすぎて酷い目に遭ったので今日はライトリグスタート。

まずはゲストさんにさくっと40up~。
P1130538.jpg

ジャークベイトにも反応がありますが、小型サイズ~。
P1130539.jpg
その後もジャークベイトには小型サイズしか釣れません。

ゲストさんはネコリグでグングン釣果を伸ばしていく展開。
P1130541.jpg

決して活性は高くはないのですがその後も連発モードで楽しんでいただいています。
P1130542.jpg

今度は45upのグッドサイズ~。
P1130543.jpg

またまた40upのグッドサイズ~。
P1130544.jpg

一方、もう一人の同船のゲストさんは12lbラインのベイトフィネスタックルでトライして頂いていますが、バイトがあってものらない状態が続いています。ちなみに釣れてるほうのゲストさんは10lbラインのベイトフィネスタックルにスモールフックのコンビネーション。
この釣果の差はおそらくタックルにありということで、スピニングタックルに持ち変えていただいて同じ釣りを展開するといきなり50up~。
P1130546.jpg
同じルアーでもタックルのコンビネーションが違うと結果に大きな差が生まれてしまいます。これには大きな原因がありますが奥の深いお話になるので機会を設けてお話したいと思います。一つ言えることは、琵琶湖のようなクリアウォーターではスピニングタックルは必要ということです。

スモールフックを駆使するゲストさんにまたまたグッドサイズ~。
P1130547.jpg
40後半サイズでしたが、グッドなコンディションでした。そしてこのあとに同サイズがヒットしますが、伸びたフックが原因でバレてしまいました。これがスピニングタックルだと伸びなかったかもしれません、ベイトリールとスピニングリールにはその巻取りの構造上大きな違いがあり、ファイトの方法もそれぞれで違ってきます。そのそれぞれの特長を知ることによって使い分けることが重要です。

スピニングタックルに持ち替えたゲストさんにまたまた50up~。
P1130548.jpg
痩せた魚体でしたが長さは先ほどを上回るサイズ~。

その構造上の弱点を知った上でそれを補ってまたまたゲストさんにグッドサイズ~。
P1130549.jpg

後半も同様に釣っていくと濁ってきたタイミングでゲストさんにグッドサイズ~。
P1130550.jpg

後半は濁りを利用してテキサスリグの釣りに変えていくとまたまたグッドサイズ~。
P1130552.jpg

またまたテキサスリグでグッドサイズ~。テキサスリグの釣り楽しい~!!
P1130553.jpg

タイミングを狙ってまたまたテキサスリグをキャストしていくとゲストさんにグッドサイズ~。
P1130554.jpg

ラストにまたまたテキサスリグにグッドサイズ~。
P1130555.jpg

完全に止まってしまっていたホームページを完全リニューアルオープン!!

私は応援を頑張りました!! 「がんばれ~!!」「行け~!!」「GoGoGo~!!」

そんな私の熱烈な応援の甲斐あってやっと出来たホームページのアドレスは

http://www.smileyfishing.com/
です!!
ガイドのスケジュール、空き日程も見ることが出来ます!!
もちろんまだ未完成な部分もあり、なんだかスキューバダイビングのファンページみたいになってますが、これからまだ頑張って作っていくことが出来るといいな~と思っています。

あとブログはこのブログをまだしばらくは使うことが出来るようになったのでこのまま行くことにしました。

今後ともよろしくお願いします。  大熊一徳

6月前半の巻

6月に入る頃から湖に変化が出てきました、例年この季節になると梅雨前に洪水対策のため琵琶湖の基準水位を-20cmに下げることになっています。
そのため現状+水位を-に下げるため、琵琶湖の水位をコントロールしている水門である南郷洗堰から連日毎分100t以上の放水が始まりました。
放水が始まると色々な変化が起こることになります、水位の低下、北湖から湖水の流入、そして流れの発生。

結果として北湖から透明度の高い水が流入し、南湖全体が一気にクリアアップ。

透明度の高いエリアではベイトフィッシュの流入と共にフローティングジャークベイトに釣りが変化。
P1130515.jpg
透明度の高いエリアでは水深3m以深まで丸見え天国。

曇天の空の下ジャークベイトを浮かせるとバスも浮いてきます。
P1130517.jpg

フローティングスピードや泳層深度の違いで色々なフローティングジャークベイトを別けます。
P1130518.jpg

ジャークベイトのロッドは6.6ft程度のものがトゥイッチングなどのアクションが付けやすく、7ftを超えるロッドでは持て余してしまいます。
P1130519.jpg

この時期のジャークベイトやトップウォーターの釣りは曇天により威力を発揮しますも晴れてしまうと、テキサスリグなどワームな釣りに。
P1130520.jpg

カナダ藻が広がるエリアをテキサスリグで釣っていくとグッドサイズ~。
P1130521.jpg
今シーズンは日照量が多くカナダ藻エリアは広大な面積に。

しかし、バスがいるのはもちろんそのごく一部、晴れるとそうしたピンスポットをテキサスリグを中心にスローに釣っていく必要があります。
P1130522.jpg

特に晴天の日はそんなカナダ藻エリアをよりスローに釣っていくとビッグなサイズ~。
P1130529.jpg

まだまだスポーニングが続く今の琵琶湖、カナダ藻エリアもそうしたスポーニングエリアの一つです。
P1130530.jpg

今からの季節決して外すことができないカナダ藻エリアの釣り、定番はラバージグやテキサスリグ。
P1130532.jpg

いよいよ本格的な梅雨に突入していますが、今だまとまった雨が降っていない今期の琵琶湖、さぁ、これからどうなるのでしょう?

5月後半の巻

低放水量が続く5月後半も水質は改善することなく、「水が悪い」状況が続きます。
テキサスリグやノーシンカーワーム、ライトリグを使ったスローな展開が中心。
P1130479.jpg

インサイドのエビモ、フサモの釣りがシャローの定番。
P1130481.jpg

そうしたエビモやフサモのエリアが沖に広がっていくのがこの時期定番の釣りです。
P1130482.jpg

P1130483.jpg
ライトテキサスリグの釣りもこの時期の定番。
P1130484.jpg
シャローのエビ藻をダイレクトに狙っていくアグレッシブな釣りです。
P1130485.jpg
私の中ではかなり好きな釣りのひとつです。

ラバージグはこの時期から少しづつ沖に広がるカナダ藻エリアの釣りの一つ!!
P1130486.jpg
例年であればこれらが旬のラバージグ!!しかし今期はイマイチの予想、やはりブルーギルの減少がその原因。

まだまだ北風が吹くと肌寒いこの季節、ウィンドブレーカーは手放せません。
P1130489.jpg

P1130490.jpg

まだまだ水中ではスポーニング進行中、スポーニングを意識したエリアの選択はこの時期は定石。
P1130491.jpg

後半にグッドなコンディションのバスをキャッチしたゲストさん、いつもさすがです。
P1130492.jpg

晴天率が高い今期の5月、ウィードの成長は例年以上、広範囲に季節を先取りのウィードが繁茂してます。
しかし、晴天下ではどうしてもワームフィッシングを中心にスローな展開になりがち。
P1130494.jpg

しかし、スローに釣っていけば、しっかり結果が伴うのがバスフィッシング!!
P1130496.jpg

P1130498.jpg
40cmに満たないサイズもポロポロ釣れてくる季節になってます。
P1130499.jpg

ラストまで集中力を切らさずゲストさんにグッドサイズ~。
P1130500.jpg

P1130501.jpg
一年でも過ごしやすい季節です、またのお越しをお待ちしております。

5月前半の巻

今期のGW明けは、水質に悩まされる展開になりました、田植えに伴う栄養塩を含んだ水が流入河川を通して湖に入ってきます。
その影響を強く受けるエリアは富栄養化に伴い水質が悪化。また4月からの好天続きに伴う日照量の多さもこの現象に拍車をかける結果となりました。

4月後半から新たに成長を始めたエビモやフサモエリアをいち早く釣っていくとゲストさんにグッドサイズ~。
P1130467.jpg

4月以降は晴れの天気が続き、ウィードの成長スピードは例年以上、スポーニングも南湖全域で一度は終わっている感じ。
P1130468.jpg

今年の5月はライトリグを中心にスローな釣りの展開が多い日が続きました。
P1130469.jpg
そんなスローコンディションでもしっかりゲストさんはグッドサイズをキャッチ~。

午前は比較的高活性でも午後はスローダウンという日も多く、後半は苦戦。
P1130470.jpg
逆に後半が良い日もあったりとなかなか不安定。

P1130471.jpg

バイトが少なくても集中力を崩さない根気もバスフィッシングでは重要なスキル!!
P1130472.jpg

朝一は1日でも最も重要な時間帯、この時間帯に確実にグッドサイズをキャッチするとその後の展開も楽になります。
P1130473.jpg

そろそろこの時期になると好調なノーシンカーワームの釣りもなかなかいまひとつの出だし。
P1130474.jpg
原因は色々と考えられますが、一つはブルーギルの減少という原因が考えられます。ここ数年、話題になることが多いブルーギルの減少、その原因の一つに私は「虫」の減少を最有力候補に考えています。

反面、アユ、ハスといったベイトフィッシュは例年以上に多く感じています。このあたりもライトリグが安定する一つの要素になっていることは間違いないでしょう。
P1130475.jpg

琵琶湖のバスのスポーニングはまだまだこれから、ボトムフィッシングは決して外すことが出来ない釣り、特にロングステイを多用することで、一つ、二つとバイトを多く出すことが出来ます。
P1130477.jpg

スローな展開が多くなってしまった5月前半、そんなスローコンディションでもゲストさんに楽しんでいただけるよう努力しています。
P1130478.jpg
プロフィール

Kazunori Okuma

Author:Kazunori Okuma
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。