スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月のガイド予約初めてます!!

 今、私のホームページを開くと金髪のオネ~ちゃんが出て来て、ホームページが表示されないようになってしまっていますが、私は何事もなく無事に生きております。

ということで、まだまだ渡米中ですが、帰国後の4月から開始予定の琵琶湖ガイドの予約を受け付けております。
3月中旬帰国、4月1日よりガイド再開です。

4月1日~11日までの期間はお一人様33,000円、お二人様40,000円のスペシャルなプライスでお待ちしています。

4月12日以降は通常価格、お一人様37,000円、お二人様44,000円にての営業となります。
(お泊り保育スペシャル!!2日以上連続でご利用の場合は2日目以降お一人様2,000円引き、お二人様4,000引きです。)

また、今回もアメリカ土産のプレゼントあり!!ガイドにお越し頂いたご希望のゲスト様に順次お渡ししてまいりますので、なくなり次第終了です。

4月のガイドの空き日は。(2月17日現在)
1,2,3,6,8,9,10,11日(お一人様33,000円、お二人様40,000円)

12,14,15,16,17,18,20,21,22,25,26,27,28,29,30日(お一人様37,000円、お二人様44,000円)

渡米中のご予約はメールにて承ります。

メールの宛て先は kuma1nori@gmail.comまでお願いします。
(以前のdocomoアドレスも使えますが返信が遅くなってしまいます。)

題名は「ガイド予約」でお願い致します。

本文に「ご希望日」「お名前」「お電話番号」を入力して頂いて送信してください。

1~2日以内に予約完了のメールを返信させて頂きます。

ご予約お待ちしております。

大熊一徳

スポンサーサイト

やって来ましたアラバマ州の巻。

 いよいよ次回Bassmaster Openが開催されるアラバマ州・スミス湖にやって来ました。

前回の滞在先、サウスカロライナ州・サンティクーパーからここアラバマ州・スミス湖までは約800km程度の距離、1日掛けて、のんびり移動して来ました。
P1120789.jpg
南部をウロウロすると最も頻繁に使うことになるI-20、今回の移動の大半もこのI-20を走りました。

何度、通過してもこの南部の大都会アトランタの街は交通量が多くて嫌です。
P1120784.jpg
なんとか夕方のラッシュアワーの前に通過。

 到着後は滞在先を確保したり、ライセンスを買ったりと色々とやることがあり、すぐに釣りという訳には行きません。
それでも次の日の午後には、さっそく湖上へ。
私がこのスミス湖を訪れるのは初めて、スミス湖はロッキーでディープクリアなダム湖です。同じダム湖でも先日まで居たサンティクーパーとは同じダム湖でも全てが異なります。
P1120820.jpg
まぁ、こちらのほうが長く日本で釣りしている私にとっては違和感はないんですが。

しかし、景色は馴染み深いものの、ここのメインターゲットはスポッテドバス!!
P1120828.jpg
スポッテドバス自体は何度も釣ったことはあるのですが、トーナメントでメインターゲットとするのは今回が初めて。
詳細は控えますが、さっそく今回もその特異な生態を目にすることになりました。しかも、一言でスポッテドバスといっても、その種類は色々あるらしく、もうワケワカラン感じです。

もちろん、少数ながらラージマウスも生息する湖なので、こちらもターゲットとなります。もちろん生息域や釣りは異なり、どちらを狙うかで大きく戦略も異なってきます。
珍しく同船者とラージとスポッツのWヒット、ラージは岸側で、スポッツは沖側でヒット。
P1120977.jpg
こうして同時に見比べるとやっぱり全然違う魚ですね。

そして先週末はbassmaster Classicでした。会場がアラバマ州・バーミンハムということで、普通のニュース番組でも毎日その模様が頻繁に中継されていました。
競技はガンタースビル湖でしたが、ウェイイン会場は私の滞在先から1時間以内のバーミンハムだったので、見に行きたかったのですが、トレーラーのメカニカルトラブルやその他でバタバタしてしまい見に行けず、残念。
P1120892.jpg

ということで大会は来週です、もうしばらく頑張ります。

プリプラクティス終了~の巻

 今日でサンティクーパーのプラクティスは一旦終了です。これからは次回Bassmaster Openが開催されるアラバマ州スミスレイクへ向かいます。
スミスレイクでのトーナメントが終われば、その後すぐに、またこのサンティクーパーにトーナメント本戦のために戻ってくる予定です。

ちなみにサンティクーパーのトーナメントは3月13日から、まだ1ヶ月弱ほどあるので大きく湖の状況は変わっているはずです。おそらくトーナメントのときは既にスポーニングに絡んだ状況でしょうが、今はまだ早春というより冬?のような感じてした。

なのでプラクティスは主に湖の概要を掴むだけ、ほぼ1日アイドリングでウロウロ状態。たまに釣りもしますが、プラクティスというよりただの気晴らし…。

後半は主にロワーレイクのモートリー湖をウロウロ。モートリー湖は丸い感じの湖なので水平線が見えます。ただの水平線じゃんって感じですが、遠浅で各所にスタンプが潜んでおり、湖底はハンプだらけで危険!!
P1120697.jpg
しかも、これが荒れるととてつもなくヤバイいんです。遠浅でハンプやスタンプがあるので風裏を走ることが出来ずに、どうしても沖を走ることになるうえ、場所によってはダイクにぶつかった波が三角波となる場所もあったり…。

そんな危険な湖で目印になるのがこのチャンネルマーカー、ここを走ってれば安全なんですが、遠回りになったり、行きたい場所に行けなかったりするので、必然的にこのマーカーを離れて走らねばなりません。
P1120755.jpg
なので最初は延々何キロ、何十キロも何時間、何十時間もアイドリングで走り、安全に走れるルートを開拓する必要があります。釣りをする場所を見つけるだけでなく、そこまで安全に早く行くルートも開拓する必要があるわけです。

風が強い日は風裏に白鳥が…、違いますペリカンです。たくさんのペリカンが集ってました。
P1120683.jpg
ペリカンってかなり大きな鳥で、近くを飛ぶとかなり迫力あります。

気晴らしで釣ると今回最大の6パウンダーが釣れました。
P1120695.jpg
頼むから1ヶ月後も釣れてくれよ。

ボートランプにそびえるモートリーさんの銅像。台座にモートリーさんについて書かれてましたが、私の適当英語では間違った情報になそうなのでやめときます。でも今から200年近くも前の人です。
P1120733.jpg
ここサンティクーパーも各所にボートランプがあります。アメリカのフィールドで驚くのはそのボートランプの多さです。でも日本にはボートランプはほとんどありませんが、漁港が無数にありますよね。あれはあれで驚きだと思います。
それが不特定の人の利益か特定の人の利益かという違いはありますが。

釣り場優先で凄い田舎に滞在していたので、近くにレストランなどはないのですが、近くに小さいグロッサリーがあって、お惣菜も売ってました。中でもこの砂ギモのフライはめっちゃ美味しかったです。サクサクコロモと付属のホットソース、そして砂ギモの食感が抜群の相性でした、ウマイよおばちゃん。連日買いに行ったのでおばちゃんに覚えられてしまいました。
P1120731.jpg
ちなみに写真のビールは美味しいらしいです。私は飲まないのでわかりませんが…。

ガイド予約受付中!!の巻

まだまだ渡米中ですが、帰国後の4月から開始予定の琵琶湖ガイドの予約を受け付けております。
3月中旬帰国、4月1日よりガイド再開です。

4月1日~11日までの期間はお一人様33,000円、お二人様40,000円のスペシャルなプライスでお待ちしています。

4月12日以降は通常価格、お一人様37,000円、お二人様44,000円にての営業となります。
(お泊り保育スペシャル!!2日以上連続でご利用の場合は2日目以降お一人様2,000円引き、お二人様4,000引きです。)

また、今回もアメリカ土産のプレゼントあり!!ガイドにお越し頂いたご希望のゲスト様に順次お渡ししてまいりますので、なくなり次第終了です。

4月のガイドの空き日は。(2月17日現在)
1,2,3,6,7,8,9,10,11日(お一人様33,000円、お二人様40,000円)

12,13,14,15,16,17,18,20,21,22,25,26,27,28,29,30日(お一人様37,000円、お二人様44,000円)

渡米中のご予約はメールにて承ります。

メールの宛て先は kuma1nori@gmail.comまでお願いします。
(以前のdocomoアドレスも使えますが返信が遅くなってしまいます。)

題名は「ガイド予約」でお願い致します。

本文に「ご希望日」「お名前」「お電話番号」を入力して頂いて送信してください。

1~2日以内に予約完了のメールを返信させて頂きます。

ご予約お待ちしております。

大熊一徳


ウインターストームその後の巻


ウィンターストームで着氷性の雨に見舞われたのですが、最初は「ウォ~、スゲ~!!」なんてはしゃいでいたら、その後もどんどん雨は降り、氷の厚さは増すばかり…、そのうちまわりの森から「パンッ、バキンっ」と音がし始めました、「おおっ、誰かこの雨の中、ハンティングか?」と思いましたが、そんな訳はなく、氷の重さに耐えられなくなった木の枝がバキッバキッと次から次に折れ始めた音でした。これってちょっとヤバくないかな~、なんて思っていると停電…やっぱり、その後も雨は降り続け、木が折れる音の激しさと頻度は増すばかり。

まわりの様子を見に行くと、道路に木が倒れ込んでいて、それを避けながらじゃないと走れないような状況。
P1120642.jpg

予想通り電線にも木が倒れこんでおり、場所によっては電線が道端に落ちていたりと、かなり危険な状況。
P1120647.jpg

そりゃ、停電するわな、というか、かなり広い範囲に被害が及んでおり、こりゃ、当分復旧しないだろうな、と思っていると、案の定、夜になって雨がやんでも、停電は復旧せず…。
P1120650.jpg
幸いガスヒーターがあったので、凍えることはありませんでしたが、その後も一晩中「バキッ、バキッ」と木が折れる音は鳴り止みませんでした。

結局、停電が復旧したのは翌日の夜になって、36時間以上の停電でした。

寒波の影響で丸3日間はまともに湖に出ることが出来ませんでした。天候の合間を縫って2~3時間程度、湖上に出たりしましたが、さすがに氷雨の中ではプラクティスにはならず…。

その後はようやく天候も落ち着き、またまたサイプレスの森を彷徨うことに。
P1120656.jpg
水温もかなり下がっていました。

それでも晴れた午後にはグッと水温も上がってバスも釣れたり。
P1120675.jpg

3lbサイズが釣れたりもしますが、今、釣れているパターンやスポット、エリアはおそらく大会時までに変わってしまうことは明らか。
P1120575.jpg
あと3日ほどしかプラクティスの時間はありませんが、しっかり見極めていきたいと思います。

アイスストームがやってきましたよ!!の巻

 またまた南部に寒波がやって来ました。先月の寒波も酷かったようですが、そのとき私はまだフロリダにいたのでニュースで見ていただけでしたが、今回は私の滞在しているサウスカロライナ州南部も寒波に飲み込まれています。

私が滞在しているところは雪が降ったり、凄い低温というわけではないのですが、着氷性の雨が降っており全てのものが氷でラッピングされてしまいました。地面以外、木、草、ボート、車、建物などなど全てか氷で覆われてます(涙)。
P1120607.jpg
写真の木も見事に氷漬け、木が風で揺れるとバシバシと氷が割れる音がします。

もちろん私の車も氷で覆われていてツララも凄いことになってます。ドアすら開けられるのか…?
P1120616.jpg
もちろんボートもこの有様、ボートカバーごと丸々と氷でラッピング。
P1120581.jpg
タイヤもフェンダーごと氷でラッピングされており、走れるのか?

一応、ボートランプまで見回りに行ってみましたが、空トレーラーはなく、さすがに勇者はいませんでした。

昨年も一度このアイスストームに遭いましたが、この氷着性の雨って不思議ですね、気温は0℃程度で空気中にあると雨なのに、モノに落ちると凍ってしまう。

ということで、釣りに行きたいのですが、当然行けません、気温が少しでも上がって、氷が解けたら行きます。

P1120576.jpg
あぁ、フロリダが恋しいです。

ドキドキサンティ~の巻

 その後も元気でサンティクーパーで暮らしております。本来ならばもう少し温暖なところなのですが、今年は寒波の影響で寒いが定期的にくるので基本防寒着です。

サンティクーパーが厄介なのはこの無数のスタンプ…水面下にはもっとたくさんの、そしてもっと大きなスタンプが沈んでおり、初めて行くエリアは基本アイドリング、1日の大半をアイドリングで湖を見て周っています。
P1120508.jpg
そんな中をプレーニングで前回走行していくローカルアングラーもいるんですよこれが、ほんと少し間違うと大変なことになります。

そんな感じなので、1日のうち釣りをするのは1~2時間程度、よさそうな場所を釣っていくと、シャロークランクに40cm後半のグッドサイズ~。
P1120502.jpg
ここサンティクーパーも毎日のトップウェイトが20lbを超えていく湖、確か以前はB.A.S.S.の3Dayか4Dayトータルかは忘れましたが、ウェイトレコードが記録された湖。

釣りとは関係ないですが、ボートランプに行く途中、久しぶりに列車と遭遇しました。
P1120516.jpg
遮断機が下りたときは、ウワッ、貨物だったらどうしようと思いましたが、普通の客車で短い待ち時間でよかったです。

明日からは雨で、少し冷えるようです。
P1120569.jpg
早く暖かい日が戻ってこないかな~。

ガイド予約受付始めます!!

 まだまだ渡米中ですが、帰国後の4月から開始予定の琵琶湖ガイドの予約を受け付けます。
3月中旬帰国、4月1日よりガイド再開です。

4月1日~11日までの期間はお一人様33,000円、お二人様40,000円のスペシャルなプライスでお待ちしています。

4月12日以降は通常価格、お一人様37,000円、お二人様44,000円にての営業となります。
(お泊り保育スペシャル!!2日以上連続でご利用の場合は2日目以降お一人様2,000円引き、お二人様4,000引きです。)

また、今回もアメリカ土産のプレゼントあり!!ガイドにお越し頂いたご希望のゲスト様に順次お渡ししてまいりますので、なくなり次第終了です。

4月のガイドの空き日は。
1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11日(お一人様33,000円、お二人様40,000円)

12,13,14,15,16,17,18,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29,30日(お一人様37,000円、お二人様44,000円)

渡米中のご予約はメールにて承ります。

メールの宛て先は kuma1nori@gmail.comまでお願いします。
(以前のdocomoアドレスも使えますが返信が遅くなってしまいます。)

題名は「ガイド予約」でお願い致します。

本文に「ご希望日」「お名前」「お電話番号」を入力して頂いて送信してください。

1~2日以内に予約完了のメールを返信させて頂きます。

ご予約お待ちしております。

大熊一徳

いよいよやってきました、伝説のサンティクーパーの巻

今は次回FLW Rayovacシリーズの開催地であるサウスカロライナ州・サンティクーパーに滞在しています。
実はこの湖を訪れるのはこれが2回目、といっても前回訪れたのは20年近くも前ですが…。

私が初めてこの湖の存在を知ったのは、中学生のとき、社会の地理の時間に何気にアメリカの地図を見ていると当時の私の常識では有得ない三角形と丸いかたちの湖を発見。当時は既にドップリ釣りにハマってて「こんなところでもバスは釣れるのか、こんなかたちのダム湖なんかありえね~っ」と思ったのを覚えています。当時はインターネットもなければグーグルアースもありません。そこがどんなところか知りたければ行って見るしかない、そんな時代でした。
それから月日が流れ、アメリカの釣りの情報もより具体的に入ってくるようになると、どうやらその湖はサンティクーパーと呼ばれているらしく、大きなトーナメントも開催され、バスフィッシングでは有名な湖らしいことも判って来ました。

さらに月日は流れ、私が20代半ばを過ぎたころ、とうとう私がこの湖を訪れるチャンスが訪れました。友人がこのサンティクーパーで開催されるB.A.S.S.インビテーショナル(今のB.A.S.S.オープン、確か当時は既に現ELITEにあたるTOP100があったはずです)に参加するので、私も便乗して、彼のプラクティスに付き合うかたちで初めてこのサンティクーパーを訪れました。

何マイルも続くダムサイト、無数の立ち木、2月の茶色く濁った湖で泳ぐ若者、すべてが驚きでした。野生のワニを見たのもここがはじめてでした。

そんな私の中で思い出の湖がここサンティクーパーです。サンティクーパーは正確にはアッパーレイクのマリオン湖とロワーレイクのモートリー湖で構成され、キャナルで二つの湖が結ばれています。サンティー川の洪水対策で作られたと聞いています。
それぞれかなりの大きさがあり、合わせると琵琶湖の大きさをゆうに超えるはずです。より具体的に知りたい方はグーグルアースで見てください。

サンティクーパーと言えばこの景色。
P1120473.jpg
無数にあるサイプレスツリー、絡んだスパニッシュモスが抜群の雰囲気を出してます。

立ち木も無数にあり、船外機で走っているときにスタンプがヒットすると…かなり大変なことになります。
P1120466.jpg
右側はサイプレスツリー、つまり浅いということ、左側は立ち木!!かなりヤバい危険な湖です。
しかし、私の記憶が正しければ以前、正確には18年前に訪れたときより、水面上に出ている立ち木が激減したような気がします、まぁ、水面下に無数にあるんですけどね…(怖っ)。

シャローを見て廻ると茶色いステインウォーターにパットエリアを発見。フロリダみたいで安心してしまいました。
P1120443.jpg
ちょっと釣りしてみましたが、魚の反応はありませんでした。まぁ、大会はまだ1ヶ月以上も先なんですけどね。

大会はまだ先なので今回は、湖を見て廻る作業に徹しています。安全に走れるようにルートを見つけることが、まずは重要な湖です。
P1120428.jpg
その為、GPS、魚探、サイドイメージ、グーグルマップ、レイクマップを常に見ながらおっかなびっくりプラクティスを進めています。

陸上の日常、あれこれの巻

今夜はスーパーボールです。こちらでは大イベントなのでみんな一昨日くらいからその話題になりがちなのですが、私はアメフトが理解出来ていないのでそのお話はスル~。聞くところによると非常に面白いらしいので興味はあるんですが…。
今週はフロリダを離れて次回FLW・Rayovacシリーズのプリプラクティスのため開催地であるサウスカロライナに移動の予定です。長距離の移動となるので先週は事前に車やボート、トレーラーのメンテナンスなどをやっていたのですが、車のタイヤにネジが刺さっているのを発見、外出先での出来事だったので最寄のタイヤ屋さんに行ったら、修理出来ない場所にネジが刺さっているのでタイヤを交換して下さいとのこと、仕方が無いのでタイヤを買い替え…、先月も車のタイヤにネジが刺さってて、そのときはネジが貫通していなかったのでラッキーだったのですが。

こういのは続くもので実はその前日にはトレーラーのタイヤにネジが刺さってて明らかに空気が抜けていました、滞在先の近くのタイヤさんでパンク修理をしたのですが、そのとき修理を待っていると「あなたはバストーメントに出るんですか?」と声を掛けて来た人が居ました、彼も自分の車の修理が終わるのを待ってる様子でした。
湖の近くならそんな人も居るんですが、こんな田舎町の小さなタイヤ屋さんで、どういうこと?と思って話を聞いていると、彼の叔父がバストーナメントに出ているみたいで、パンク修理で持ち込んだ私のボートを見て声を掛けてきたみたいです。

まぁ、そういうこともあるわな、なんて思いながら話を続けていると、彼はカナダ人で名前はIZUMIというらしい…
えっ、カナダ人でIZUMIでバストーナメントに出てる人って…もしかしてあなたの叔父さんってBOB IZUMI?
そうだょ、彼を知ってる?
知ってますとも、そんな有名人。(BOB IZUMIさんは日系のカナダ人で自分のテレビ番組も持ってて、メジャートーナメントにも出ている、超有名人)

そういえばMARIKO IZUMI(BOB IZUMIさんの姪でインターネットの釣り番組を持ってる超美人で有名人)が昨年、日本に来たとき私の友達が日本の湖で彼女のガイドをしたよ、なんて話をすると。

あっ、それ私のお姉さん。

ああっ、そういうことですか、あなたが甥っ子で、お姉さんのMARIKOさんが姪っ子さんということですね。

そして、彼が発した次の言葉は「世界は狭いな~」

その言葉に私も全く同意、これが湖のボートランプや大会会場なんかだと普通に起こりえることなのですが、釣りとは全く関係ない、こんなフロリダの田舎町の小さな修理屋でたまたま偶然の出会い、ホント、世間は狭い。

その後も色々お話をさせて頂くと、彼はそんな釣り家族に生まれながらも釣りはしないみたいで、ゴルフが好きで、ここフロリダの町に滞在しているとのこと。そして、MARIKOは叔父の力を借りずに頑張っているから尊敬するとも言ってました。

プロフィール

Kazunori Okuma

Author:Kazunori Okuma
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。