スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた雨ですよ、ガンタースビル…の巻

 今日も雨が降ってます…、そう毎日ではないんですが2日に1日くらいのペースで雨なんです。こんなに雨が多いアメリカもなかなかないですよ。
なので晴れた日は朝から頑張って釣りしてます、ただ晴れた朝は氷点下まで温度が下がることが多くそれはそれで嫌なんですけどね。
P1090141.jpg

ガンタースビルっ湖も大きな湖なのでまだまだ全体を見てません、この日はスタート会場から50kmくらい離れた上流エリアのクリークを見に行ってきました。
P1090187.jpg

浅いところも多いので入り方を間違うとスタックしそうになってしまいます。まぁ、このあたりは普通の出来事なので今更なんですが…。
P1090190.jpg

釣れたバスの口の中を覗くとなにやら触角らしきものが出てました。この子はザリガニを食されているようです。
P1090132.jpg

この日もディープクランクで釣っていくとウィードを抜けた瞬間にバイト~。
P1090116.jpg
このバイトの感じは琵琶湖と一緒ですね。

50upでしたよ。
P1090124.jpg
水温は8~9℃くらいなのにバスは元気です。

湖の中間地点にあるコマーブリッジ
P1090182.jpg
ホントに上流まで行こうと思うと途方もないです。

バイブレーションで釣れた6パウンダークラス、この魚体のコンディションがガンタースビルのポテンシャルを物語っています。
P1090079.jpg

銭湯の煙突ではなく原子力発電所です。ここテネシーリバー沿いには湖毎に各所に原子力発電所があります。
P1090222.jpg

来週にトーナメントも近づいて来ました、もう少し時間が欲しいところですが頑張って釣っていきますよ。
P1090232.jpg

ということでまだまだ米国滞在中ですが、琵琶湖ガイド日程の更新です。

4月のガイド受付は終了しました。

5月のガイド受付をはじめておりますのでよろしくお願いします。

ご予約は通常通りメールkuma_1nori@docomo.ne.jpにて随時受付しております。
題名に必ずガイド予約と記してください。またお名前、希望日時、連絡先電話番号を記してください。


尚、電話での受け付けも承っております。お電話の場合は日本時間でAM8:00~PM12:00までの間でお願いいたします。通話は通常通り国内通話にて繋がります。

ご予約お待ちしております。
スポンサーサイト

寒いぞガンタースビルの巻

 相変わらず次回のトーナメントのプラクティスでガンタースビルで釣りしてます。
P1090049.jpg
私の中ではこの景色を見るとガンタースビルに来たな~って感じです。

ガンタースビルでもディープX300でグッドサイズ~。
P1090023.jpg
ガンタースビルにはウィードも豊富にあって琵琶湖みたいな釣りも結構あります。

おばたっちもディープクランクで50up~!!
P1090036.jpg
ガンタースビルは全米有数のビッグフィッシュレイク、先日のトーナメントの優勝は32lbくらい釣れてました。

今度はジャークベイトにスポッテッドバス~。
P1090027.jpg
晴れると暖かいんですが、雨なんか降ると激寒~。

おばたっちとディープクランクにダブルヒット~。
P1090029.jpg
いいスポットに入るとパタパタと釣れたりしますが、釣れないところは何にも釣れないです。

ちなみにガンタースビルのキーパーサイズはなんと15インチ…、38cmくらいです。もちろんそれ以下のサイズも釣れるのでなかなか厳しいハードルです。
P1090052.jpg

ガンタースビル湖はテネシーリバーを堰き止めて作られた人造湖なのでこんな景色のエリアもあります。
P1090061.jpg
まぁ、湖といってもかなり流れがあって川みたいな性格もあります。

アメリカの湖にはたくさんの別荘が立ち並びます、もちろんこのガンタースビルも例外ではなくボートドック付きのデカイ別荘がたくさん並んでます。
P1090046.jpg
どれも日本の体育館以上のの大きさがあってどんなお方がお住まいなんでしょう…、あっ、別荘なので住んでませんな。
ちなみに手前の湖に浮かぶボートドックだけで日本の一戸建てより大きいかも…。
P1090054.jpg
もうこんな白亜のお城みたいなのもあって、これって個人の別荘なん?って感じです。
P1090055.jpg
こんな別荘のボートドックだと釣りしてても落ち着かない気分になってしまうのは私だけですかね。

ということでまだまだ米国滞在中ですが、琵琶湖ガイド日程の更新です。

4月のガイド受付は終了しました。

5月のガイド受付をはじめておりますのでよろしくお願いします。

ご予約は通常通りメールkuma_1nori@docomo.ne.jpにて随時受付しております。
題名に必ずガイド予約と記してください。またお名前、希望日時、連絡先電話番号を記してください。


尚、電話での受け付けも承っております。お電話の場合は日本時間でAM8:00~PM12:00までの間でお願いいたします。通話は通常通り国内通話にて繋がります。

ご予約お待ちしております。

ガンタースビル湖にやって来ましたよの巻

 フロリダを離れてやってきましたアラバマ州。
私が滞在していたセントラルフロリダからだと多分1000km弱くらいの距離です。

今回の移動で一番嫌だったのは大都会アトランタを抜けるところ、早朝の交通量の少ない時間帯を狙ってアトランタを通過。
P1080980.jpg
途中のバイパスに入りそこなってアトランタメトロに入ってしまいました。

フロリダの青い空はどこへやらアラバマ州はどんより曇って寒~い冬。
P1080989.jpg

ガンタースビルの近くは山々しててなんだか日本の景色に近い感じ。
P1080988.jpg
もちろん全然なだらかですが、起伏がほとんどないフロリダから来ると新鮮な感じです。

ガンタースビルのステイトパーク付近は昨年、トルネードがヒットしたらしく木々がなぎ倒されて、その爪跡が生々しく残ってます。
P1080995.jpg
来る道中にも同じような景色を目にしましたし、このアメリカ中南部ではこれからがトルネードのシーズン、ちょっとビビってます…。

到着した翌日からフィッシングスタート!! さっそくディープX300にグッドサイズのスポッテッドバスがヒット~。
P1080997.jpg
日本には居ない種類のバスなので釣れただけでも久しぶりにちょっと新鮮。

このポテポテに太ったボディーは凄いです。
P1090017.jpg
頭や体の形も独特で、模様もラージとは全然違います。簡単に言うとスモールマウスの魚体にラージマウスの柄って感じです。

スクーリングしているので1匹釣れたら、その後は入喰いモードに突入、ウィードに当てて浮かせるとすぐにバイト~。
P1080999.jpg

オバタッチも人生初のスポッテドバスをゲット~。
P1090014.jpg
もうすぐ日本に帰国しますのでもうちょっと待っといてください。

スポッテッドバスの入喰いを満喫した後はちゃんとラージマウスのプラクティスに戻って4パウンダーをバイブレーションでキャッチ~。
P1090022.jpg
この直前にも5パウンダーも釣れててガンタースビルのポテンシャルの高さを垣間見ることが出来ました。

ということでまだまだ米国滞在中ですが、琵琶湖ガイドの日程の更新です。

4月のガイド受付は終了しました。

5月のガイド受付をはじめておりますのでよろしくお願いします。

ご予約は通常通りメールkuma_1nori@docomo.ne.jpにて随時受付しております。
題名に必ずガイド予約と記してください。またお名前、希望日時、連絡先電話番号を記してください。


尚、電話での受け付けも承っております。お電話の場合は日本時間でAM8:00~PM12:00までの間でお願いいたします。通話は通常通り国内通話にて繋がります。

ご予約お待ちしております。

ガイド日程更新です。

まだまだ米国滞在中ですが、琵琶湖ガイドの日程の更新です。

4月のガイド空き日は下記の通りです。
29,30日

5月も随時受け付けをはじめております。

ご予約は通常通りメールkuma_1nori@docomo.ne.jpにて随時受付しております。
題名に必ずガイド予約と記してください。またお名前、希望日時、連絡先電話番号を記してください。


尚、電話での受け付けも承っております。お電話の場合は日本時間でAM8:00~PM12:00までの間でお願いいたします。通話は通常通り国内通話にて繋がります。

ご予約お待ちしております。

もう1回だけ~の巻

 本来なら今日アラバマ州に向けて出発する予定たったのですが、諸般の事情で1日移動日が延期になってしまいました。
ということで数時間だけ空いた時間を使ってトホ湖に釣りに行ってみました。
P1080976.jpg
これでもうしばらくはフロリダで釣りが出来ないと思うとちょっと寂しいです…。

一応今後の予定はアラバマ→ミズーリ→ジョージアと動く予定です。

ガイド受付更新です。

 まだまだ米国滞在中ですが、琵琶湖ガイドの日程の更新です。

4月のガイド空き日は下記の通りです。
22,23,24,25,26,27,29,30日

ご予約は通常通りメールkuma_1nori@docomo.ne.jpにて随時受付しております。
題名に必ずガイド予約と記してください。またお名前、希望日時、連絡先電話番号を記してください。


尚、電話での受け付けも承っております。お電話の場合は日本時間でAM8:00~PM12:00までの間でお願いいたします。通話は通常通り国内通話にて繋がります。

ご予約お待ちしております。

明日以降はアラバマ州ガンタースビルに移動予定なのでまたしばらく更新出来ないかもしれません。
アラバマ州北部に位置するガンタースビルはまだ寒~い冬なのでこの青いフロリダの空も見納めです。
P1080974.jpg

先週のBASSMASTER OPENの様子が下記のBASSMASTERのホームページで見ることが出来ます。
中でもLOCK and ROLL with the BIG SHOWというビデオはスタートしてからトホ湖を渡りロックスルーしてキャナルを抜けてキシミー湖に至るまでの40分程度の一連の道程が3分で見れますよ。
ファーストフライトのテリー・スクロギンスのボートに付けたカメラなのでロックスルーの待ち時間はありませんが…。
http://www.bassmaster.com/video/2013-bass-pro-shops-southern-open-1-videos

大熊一徳

ガイド受付始めました。

 まだ米国滞在中ですが、帰国後の琵琶湖ガイドの日程の更新です。

4月のガイド空き日は下記の通りです。
20,22,23,24,25,26,27,28,29,30日

ご予約は通常通りメールkuma_1nori@docomo.ne.jpにて随時受付しております。
題名に必ずガイド予約と記してください。またお名前、希望日時、連絡先電話番号を記してください。


尚、電話での受け付けも承っております。お電話の場合は日本時間でAM8:00~PM12:00までの間でお願いいたします。通話は通常通り国内通話にて繋がります。

ご予約お待ちしております。

大熊一徳

キシミーチェーンの巻 その2

 トーナメントが近づいて来ると多くの選手を湖上で見かけるようになって来ました。特に今回はエリートの選手も多く参加しているようで、公式練習日となる本戦3日前には湖上は常にピリピリムード、このあたりは日本もこちらも一緒ですね。
P1080928.jpg
もちろんそれに伴いフィッシングプレッシャーも高まり、釣りづらいコンディションに湖も変化してきました。
私が期待していたエリアでも多くのボートを見るようになり、トーナメントが近づいて来たって感じですね。

今回はマッスルマリンの小幡っちもコ・アングラーとして参加。3日間の即席でフロリダの釣りを覚えていきました。
P1080943.jpg

トーナメントでは貴重な3パウンダー、周りにいた選手に隠れて写真を撮りました。
P1080940.jpg
今回は事前の予想では賞金のボーダーラインとなる40位が2日間で23~24ポンド、トップ12のボーダーが30ポンドくらいになりそうだったのですが、以前からの寒波の影響とプレッシャー、そしてトーナメント当日の寒波の影響で明らかにウェイトは下がる展開だったので、直前の予想では賞金ボーダーが20ポンド前後、トップ12は26~27ポンドって予想でした。
P1080922.jpg
明らかに魚もスポーニングへ動いておらず、ネストの多くも空になってしまっていたのであまりビッグウェイトは難しい感じでした。

B.A.S.S.openもスタート前にはシ~ンと静まり返った中でみんなで国歌斉唱。
P1030600.jpg

そしてボートチェックはスタートの前に。
P1030608.jpg
ライブウェルのチェック、キルスイチのチェック、そしてボートナンバーの確認、キーフロートを受け取ったらスタートです。
P1030640.jpg
しかし問題はこのあと、今回はスタートサイトがあるトホ湖が釣れず、トーナメントエリアの最南端のキシミーが釣れるという展開。まぁ、これは昨年も同じだったのですが、その差が今年は極端で誰の目にもそれは明らか。
しかし南端のキシミー湖へ行くにはトホ湖の出口にあるロックを通過する必要があり、そのロックは一度に通れるバスボートの数が15艇と小さくロック通過に相当の時間を要します。その時間を考えると片道1時間30分、往復3時間の時間を要します。
しかしそうした時間ロスを考えてもやはりキシミーとトホの差は明らか、50キロ程度先のキシミーを目指します。

初日は肝心の6パウンダーがコ・アングラーに行ってしまいました、私が一瞬気を抜いた隙の出来事でした。
P1030629.jpg
コ・アングラーはこの日この6パウンダーが効いて9ポンドオーバーで単日5位、結局このリードを生かして彼はトップ12に残って最終11位。
私はこの日8ポンド弱釣っただけで終わってしまいました。
2日目は寒波の到来とともに一気に水温も気温も低下、状況が一変してしまい、初日のパターンでは何も釣れなくなってしまいました、しかし後半、ガラリとパターンもエリアも変えて6パウンダーを含む12ポンド弱を釣ってまくったものの51位で賞金には届きませんでした。
このあたりの状況の変化への対応なんかは出来るようになってきたものの、いまいち押しが足りない感じなんですよね~。ただ試合中にもまだ誰もやっていない新しいパターンやエリアがある辺りがやる気を起こさせます。

さて優勝の行方はなんとトップ2人の3日間のトータルウェイトが同重量ということで4日目にトップ2人だけで5時間の延長戦。もう同重量だったときのあの2人の「え~っ、4日目も俺たちやるのかよ~」というがっかりした顔は忘れられません。ようやく極度の緊張感から開放されるはずだっただけにモチベーションを保つことが非常に大変だったと思います。
P1080963.jpg
で4日目のウェイインはバスプロショップでたくさんの観戦者に見守られながらではなく、ボートランプの駐車場に停められたトラックのテールゲートで検量は行われました。
観戦者も少なくまるでクラブトーナメントの検量を見ているようでした。

今回も優勝争いは地元トホのローカルアングラーによって行われました。いずれも

キシミーチェーンの巻 その1

 オキチョビー湖のあとはその上流に位置するキシミー湖を含む幾つかの湖で構成されるキシミーチェーンに移動、今度はこのキシミーチェーンで開催されるB.A.S.S.OPENに出場するのでさっそくキシミーチェーンでもビッグフィッシュの多いキシミー湖で練習開始です。

キシミー湖は葉っぱの湖、どこまでもひろがるこの葉っぱか特徴のひとつ。
P1030504.jpg
右を向いても左を向いても葉っぱ葉っぱ葉っぱ…。
P1080883.jpg
とにかく片っ端から釣っていく大作戦開始~。
P1030532.jpg
といってもこのキシミーチェーンは昨年一度釣っているフィールドなので大方のアウトラインや何をやっていけばよいのかは大体わかっています。

今となっては私がプラクティスを始めた頃が一番良く釣れてて、すぐに4パウンダーをキャッチ~。
P1030570.jpg

トーナメントでキーとなる6パウンダーもすぐに釣れて楽しい思い出です。
P1030583.jpg

ここフロリダではバスを釣っていると色んな外道?が釣れて来ます。
ということで私の外道コレクション1、パイク~!!
P1080881.jpg
非常にポピュラーな外道で、水温が20℃以上になると良く釣れます、バスより釣れるかも…。

外道コレクション2、キャットフィッシュ~。こいつはサイプレスレイクでキャッチ、まぁ、ナマズですが、具体的な種類は全く不明…、珍しいです。
P1080893.jpg

ウォーマウス?前回のオキチョビーでもパートナーのおっさんも釣ってました、名前はその人から教えてもらいました(私のヒアリングが正しければ…)、ブルーギルっぽいですが口も大きくて、色も違います。
P1080935.jpg

いつもこちらに来て思うのは朝日と夕日がメチャクチャきれいなこと、毎日、日の出前から日の入り後までひたすら釣りしてます。
P1030587.jpg

がしかし暖かい日の翌日はよく霧が発生します、酷いときは10時くらいまで写真のように視界がさえぎられます。
P1080896.jpg
霧が出ると視界が制限されて大きな移動が出来づらくなってしまいます。それでも遠くから船外機の爆音が聞こえたりするんですよね~。

湖の周囲は牧場が多いのでよく牛を目にします、中には水に入って黙々と水草を食べる牛もいます。
P1080910.jpg
でもこの牛はなんだか見た目が明らかに違います、バッファローみたいだけど実際には見たことないのでなんとも言えません。でもいかついヤツでした。
プロフィール

Kazunori Okuma

Author:Kazunori Okuma
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。