スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミノール湖の思い出その2の巻

 いよいよ帰国の時が来ました、このブログは帰国前夜の空港近くのモーテルでがんばって書いてます。

さて前回のセミノール戦が途中になっていたのでその続きです。

いよいよ大会が始まりました、今回は3日間の大会で初日、2日目は全員参加ですが3日目はTOP10で競われます。

カットに残れなかった選手は2日間で終了です、私の今回の目標は毎日15lb、2日間で30lb、まぁ、目標です。


こちらのトーナメントは朝が早いので早朝の暗い時間からランチングが始まります。
20120328-1.jpg
スロープもたくさんあって、外灯や桟橋など施設が充実しているので何の問題もなく順調にランチングが進んでいきます。

ランチング、ボートチェックが一通り終わると国歌斉唱です、このときばかりはボート、車のエンジン音、雑談すべてのノイズが一斉に消えて静寂が訪れます。
20120328-2.jpg
みんな色々な気持ちでじっと胸に手を当てて歌を聴いていると思います、私も色々なことを考えてしまいます。

さぁ、いよいよスタートです。
20120328-3.jpg
スタートはフリントリバーの上流にあるベインブリッジベイスンからのスタートです。

湾の出口からフライト毎にボートナンバーがコールされるので順にフリントリバーに出て行きます。
20120328-4.jpg
このベインブリッジベイスンからフリントリバーへの出口へとアイドルで抜ける瞬間は私の中で憧れのショットです。

アイドルゾーンを抜けると一気にプレーニング、これから約40km程度先のメインレイクを目指して「全開スタンプチキンレース」が始まります。
20120328-5.jpg
みんな曲がりくねった正規の航路をショートカットしてアンオフィシャルなルートで走ります、中には相当ヤバそうなバックウォーターのルートを使っている選手もいましたよ。とくに今回は減水しているのでかなりヤバそうでした。

私の狙っていたスポット、エリアはさほど先行者もおらず順調に数を釣りつつ入れ替えを繰り返した結果初日は13lbちょっと釣って30位台からのスタート。プラクティスのときのようにメスの4パウンダーサイズが季節の進行と共にバイトが減っていたのがウェイトが伸び悩んだ結果だと思います。

2日目も初日とほぼ同様のプランで釣っていって14lbちょっと釣って2日間のトータルは28lbちょっとで結果は17位。

ちなみにTOP10のボーダーは32lbでした、今回はちょっとだけTOP10の灯りが見えたのですが、この壁は相当厚そうです。

ちなみに今回のコアングラーは初日は地元ジョージアの若い青年でした。さすが若いだけあって好奇心旺盛、日本製のタックルやルアーにも詳しく、もう前日のミーティングから全開しゃべりまくり…、当日もスタートから最後までずっとしゃべりっぱなしでしたが、初日7lb、2日目もちょっとだけ追加して賞金圏内でした。

2日目のコアングラーはケンタッキーから来た落ち着いた感じのおじいちゃん、釣りを始めてすぐにおっさんヤバイなと思ったら案の定、10lb釣ってました、ただ前日がゼロだったので数オンス差で賞金は逃してました。
20120328-6.jpg
こちらのトーナメントではこのコアングラーとの駆け引きも非常に重要なのですが私は何の対策もなくただ一緒に楽しく釣ってるだけです、この部分でももっと色々なことを学ばなければならないのですが、彼らと釣りするのも楽しみの一つです。

ということでもう少し先があるのですが、そのあたりは飛行機の乗り継ぎの待ち時間に。そろそろ寝ないと明日寝坊したらヤバイです。
スポンサーサイト

セミノール湖の思い出の巻

 今はセミノール湖のあるジョージア州からフロリダ州に戻って、慌しく帰国の準備をしています。

ということでまったく消息不明だったセミノール湖のお話です。その原因はトーナメントまでの時間が短く、毎日釣りに明け暮れていたからです…まぁ、いつものことですが…。

さぁ、戻ってきましたよセミノール湖、今回はエントリーの時点では定員一杯で私はウェイティング、その順番も遅かったのでまさかここに戻ってくるとは思っていませんでした。
20120325-2.jpg
FLWから出場出来るという連絡が来たときは嬉しかった反面、ヤバイな~とも思いました。

その原因はこの立ち木とスタンプ…、こちらの人たちと話しても口々に「あそこは危険だから気をつけろよ」と言われました。
20120325-10.jpg
このスタンプだらけの危険な湖で短期間のプラクティスしか出来ないのに大丈夫かな?というのが正直な気持ちでした。

私がプリプラクティスに訪れた先月から一気に季節が進んでいたのはすぐに理解できました、それは単純に前回訪れたときのパターンが全く機能しないから。
20120325-6.jpg
ということでまたゼロから魚を探すたまずは大きく色々なエリアを見て周ります。

一番ショックだったのは期待していたスプリングクリークというエリアが雨による濁りで全く使いモノにならなくなっていたことです。
20120325-4.jpg
その濁りがかなり深く、他の細いクリークまで入り込み、しかも大会数日前から始まった減水による水の動きで刻々とそれまでクリアだったエリアまで入り込んでいきました。

濁りが入らないような、もしくはクリアアップしているようなエリアを見て周ります。
20120325-5.jpg
そのため時々スタックしたり、Uターンも出来なかったりとなかなか大変な思いもしました。もちろん他のチャタフーチ水系やフリント水系も見て回りました。

そんなバックウォーターに入り込んでいくとこんな看板を発見…。
20120325-8.jpg
まぁ、私有地なんでしょう、JAILには行きたくないので離れて釣りしましたよ。

釣り込んでいくとこの葉っぱとその成長過程がバスのスポーニングの進行に深い関わりがあることが判ってきました。
20120325-11.jpg
ただこの葉っぱの釣りというのが日本ではあまりない釣りであり私も経験が少ないのでなかなか大変です。
20120325-7.jpg
使えるルアーも限定されてしまい、またヒットしても葉っぱに巻かれたりとかなり大変…。

このサイズでも葉っぱの中でヒットするともう大変、これでもかというチカラで引っ張り出します。
20120325-9.jpg

もちろん気温の上昇と共にワニ君たちも元気です。
20120325-12.jpg
比較的小型サイズが多いこのセミノール湖ではこの子はかなり大きいサイズです。

一方、セミノール湖は沖のフラットな地形に複雑なクリークチャネルが入り込んでいるエリアもあり、そちらの沖のストラクチャーの釣りも有名なところです。
20120325-3.jpg
そんなクリークチャネルのアウトサイドが絡むスポットを釣っていくと50up~。

大会が近いので日の出から釣りしてます。
20120325-1.jpg
といってもサマータイムに変わりイースタンタイムゾーンの西側に位置するここセミノール湖の日の出は7:30…そのかわり日没はPM8:00くらいですが…。

そんな朝のフィーディングタイムに沖のハイドリラのエリアを釣っていくとやっぱり50up~。
20120325-13.jpg
このフラットエリアが広がる沖の釣りでは一足早くスポーニングを終えたビッグサイズが単発ながらも釣れてくることも判って来ましたが、湖のエリアが大会が近づくにつれて、濁りに覆われてしまいました…。

ということで大会なんですが、そちらはまたの機会に。

来週には帰国しますので、ガイドの予約お待ちしております。
3月26日現在の4月のガイド空き日は、
30日だけとなっております。

5月は
1,2,6,7,8,9,10,11,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29,30日です。

ご予約はいつものように

電話 090-3320-1098

メール kuma_1nori@docomo.co.jp(題名はガイド予約でお願いします。)

までお願いいたします。

電話の場合は日本時間で午前中、メールは24時間受付可能です。

ご予約お待ちしております。

大熊一徳




エバスタ セミノール戦の巻

私のエバスタ・セミノール戦が今日で終わってしまいました。本来は3日間の大会ですが、3日目はトップ10の選手のみで競われるので17位の私はカットに残ることが出来ませんでした。
20120323-1.jpg


ちなみに2日目を終了して暫定トップはJT KENNEY、その他TOP10にはBRANDON MCMILLAN、BRANDON MEDROCK、JOSEPH KREMER(前回のBFLでバッティングしました。)とこの地区では鉄板とも言うべき選手が続いています。

また今度私の詳しいセミノール釣り日記は更新します。

来週には帰国しますので、ガイドの予約お待ちしております。
3月23日現在の4月のガイド空き日は、
11,12,13,30日となっております。

5月は
1,2,6,7,8,9,10,11,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29,30日です。

ご予約はいつものように

電話 090-3320-1098

メール kuma_1nori@docomo.co.jp(題名はガイド予約でお願いします。)

までお願いいたします。

電話の場合は日本時間で午前中、メールは24時間受付可能です。

ご予約お待ちしております。

大熊一徳


がんばりましたよトホ湖の巻

BFLのトホ湖の大会が終わりました。結果は15lb7oz釣って13位入賞でチェックを獲得出来ましたよ。

フライトは39番スタートだったのでロックスルーの混雑を避けてまずはトホ湖である程度のウェイトをまとめてからキシミー湖で入れ替えるプランでスタートします。

しかし、いきなり4lbをバラシしてしまいました…その後は何とかトホ湖でまとめてキシミー湖に到着したのは10時を回っていました。
キシミー湖ではいくつかのスポットを回り何匹か入れ替えをし、6lbのビッグサイズが釣れました。しかし一番期待していたスポットに先行者がいた為、早めにトホ湖に戻り、水温が上昇したタイミングで2匹の3lbを入れ替え、時間いっぱいまでがんばりましたが、最後の一匹が入れ替え出来ませんでした。

今回は天気も予報と変わり、冷たい風が吹く変化の激しい天候の中での大会でした。しかし一つのパターンやスポットが不発でも、バックアップのパターンやタイミングでうまく釣っていくことが出来ました。

一方、今回もバラシがあったり、さらに上位を狙えるパターンがあっても後手に回ったりとまだまだです。またとにかくここフロリダの湖は特に日本ではまずありえない湖の構造や自然環境なので学ばなければならないことは山ほどあります。

このフロリダの釣りをマスターするにはいったい何年の時間(何世代かもしれません)を要するのでしょうか?

この50upはテキサスリグのスイミングワームの表層引きにバイトしてきました。
20120310-1.jpg
ちなみに今回のパートナーは建築関係でコンクリートの仕事をしている人でした。とにかくおしゃべり好きで陽気ななおじさんでずっと喋って、笑ってました。長く釣りをしているらしくいろんな話を聞かせてくれました。これだけ釣りを知っているという事はかなり長い時間釣りをしているはずですが、何より釣りを楽しんでいました。彼は今回リミットを釣ることが出来ずまったくダメだったのですが、「良い日もあれば悪い日もある、それが釣りだ、だからおもしろいんだ」と凄い笑顔で言ってました。私もまったくそのとおりだと思います。

こちらの表彰式?は入賞の人とその関係者だけしか残らず、他の人は検量後はとっととボートを揚げてさっさと帰ります。
20120310-2.jpg
なので閑散としています。まぁ、この閑散とした空気も良いもんですよ。

ちなみに私が出ているBFLのゲーターディビジョンは全5戦中、3戦終わって、私の年間順位は37位。ここまで来ると次の4戦目も出てみたいのですが、次の日程と私の帰国の日程が完全に被っているので、それは無理…、ちょっとがっかりしていたんですが、今日FLWから連絡があってウェイティングになっていたエバスタのセミノール戦に出れる事になりました。半ば諦めていた大会だったので急遽予定を変更して明日からセミノール湖に向かいます。あまり練習の日程はありませんががんばりますよ。

ということガイドの予約カレンダーの更新です。
まだまだこちらに滞在中なのでいつものようなカレンダーが更新できません。
ということでこのブログで随時空き日を更新していきますのでよろしくお願いします。

3月13日現在の4月のガイド空き日は、
11,12,13,30日となっております。

5月は
1,2,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29,30日です。

ご予約はいつものように

電話 090-3320-1098

メール kuma_1nori@docomo.co.jp(題名はガイド予約でお願いします。)

までお願いいたします。

電話の場合は日本時間で午前中、メールは24時間受付可能です。

ご予約お待ちしております。

大熊一徳

もう少しでサマータイムです。

 大会が近づいて来ました、ということで日の出から湖上に出ています。
20120308-4.jpg
こちらで釣りしていると時間は幾らあっても足りないです。

そしてここ数日はひたすら走ってます。
20120308-1.jpg
会場から50kmほど離れたキシミー湖までがんばって走ってます。

その理由はアベレージサイズが高いからです。
20120308-3.jpg
この日も50up~、今のところうまくいけばトホ湖では15~17lbですが、キシミー湖は20lb越えの可能性があります。
もちろん「うまくいけば…」の話で可能性、ポテンシャルの話です。当然キシミー湖の方がたくさんの選手のボートが走っています。
しかしトホ湖の北端の会場からキシミー湖の入り口である北端まではロックスルーの時間を考えると片道1時間以上、おそらく今回は多くの選手がロックスルーするはずなのでロックの待ち時間も生じるはずです…このタイムロスを考えると非常に難しい選択です。

しかし、このサイズが釣れてしまうと…。
20120308-5.jpg
ほんとに悩ましい選択です。

ということで今日も夕暮れまでがんばってしまいました。
20120308-6.jpg
ちなみにロックスルーの時間は6時までなのでもし間に合わなかったら…一晩ボート上になるということです。

さてガイドの予約カレンダーの更新です。
まだトホペカリガ湖に滞在中のため、いつものようなカレンダーが更新できません。
ということでこのブログで随時空き日を更新していきますのでよろしくお願いします。

3月8現在の4月のガイド空き日は、
11,12,13,30日となっております。

ご予約はいつものように

電話 090-3320-1098

メール kuma_1nori@docomo.co.jp(題名はガイド予約でお願いします。)

までお願いいたします。

電話の場合は日本時間で午前中、メールは24時間受付可能です。

ご予約お待ちしております。

大熊一徳

毎日釣りしてます。

 ここ数日は暑い日が続いてます…。
20120305-3.jpg
本格的な日焼け対策をしないとヤバイ感じです。

この日はロックを通って下流のキシミー湖まで行ってきました。トホペカリガ湖の南端にあるこのロックからキシミー湖の入り口までは25kmほどの距離です。
20120305-1.jpg
水位差は1m以上あるのでロックの中ではしっかりロープを掴んでおかないと大変です。

キシミー湖は葉っぱの湖、南湖の2倍くらいの面積ですがひたすら葉っぱです。
20120305-4.jpg
もう何がなんだか、とにかく葉っぱの中をさまよってます。

ということで別の湖の沖のグラスエリアをバイブレーションで釣っていくと50up~。
20120305-2.jpg
シャローの草だけではなく沖にもグラスエリアが広がるこのフィールドはとにかくいろんな釣りがあります。

暑い日もあれば寒い日もあります。寒波の翌日のこの日の朝の気温は一桁、もちろん防寒です。
20120305-6.jpg
ということで葉っぱの中を丁寧にフリッピングて釣っていくと50up~。

空を見上げると雲?、違います、飛行機雲で文字が描かれています。
20120305-5.jpg
読んでみると「LOVE GOD…」

ということで今日も夕暮れまで釣りしてしまいました。
20120305-7.jpg
今週末が大会なのでがんばってます。

さてガイドの予約カレンダーの更新です。
まだトホペカリガ湖に滞在中のため、いつものようなカレンダーが更新できません。
ということでこのブログで随時空き日を更新していきますのでよろしくお願いします。

2月25現在の4月のガイド空き日は、
6,11,12,13,30日となっております。

ご予約はいつものように

電話 090-3320-1098

メール kuma_1nori@docomo.co.jp(題名はガイド予約でお願いします。)

までお願いいたします。

電話の場合は日本時間で午前中、メールは24時間受付可能です。

ご予約お待ちしております。

大熊一徳


サンシャインステートに帰ってきました。

 ということで次のBFLの会場となっているトホペカリガ湖、キシミーチェーンに戻ってきました。
20120301-1.jpg
湖面に映る青空と雲がとってもキレイです。

今回の大会のエリアはスタート会場があるトホペカリガ湖からロックを抜けてキシミーリバーを通りサイプレス湖、ハッチンハ?湖そしてキシミー湖に至るまでのキシミーチェーンと呼ばれる複数の湖が連なる広大なエリアです。
20120301-4.jpg
そのためトホペカリガ湖だけでなくその他の湖も見に行く必要があります。

このキシミーチェーンとオキチョビー湖は感じは似てますがまた違った湖のようです。
20120301-3.jpg
とにかくいたるところにこのリリパッドがたくさんあります。葉っぱが丸くなくて、しかもゴツイです。

なんだか草原で釣りしてる気分になってきます。
20120301-6.jpg
しかしこの中のどこかにビッグバスがいるんですよ。

フロリダといえばこの長いテールが特徴のリボンテール。琵琶湖でも良く釣れますが、ここフロリダでも良く釣れます。
20120301-7.jpg
釣具屋さんに行くとやっぱり各社から出でいるこのリボンテールのワームがズラッと並んでます。

ワンナップシャッドもやっぱり釣れます。
20120301-2.jpg
どこで釣りしても必須なアイテムです。

フロリダも3月になるとに本格的に暑くなってきました。気温も30℃近い日があります。
20120301-5.jpg
もちろん水温もグングン上昇しててこんな水温です。

ワニくんたちも元気でこの子は果敢にルアーにアタックしてきます。
20120301-9.jpg
とにかく動くものに敏感に反応します。

というわけで今日もキレイな夕日です。
20120301-8.jpg

さてガイドの予約カレンダーの更新です。
まだトホペカリガ湖に滞在中のため、いつものようなカレンダーが更新できません。
ということでこのブログで随時空き日を更新していきますのでよろしくお願いします。

2月25現在の4月のガイド空き日は、
6,11,12,13,30日となっております。

ご予約はいつものように

電話 090-3320-1098

メール kuma_1nori@docomo.co.jp(題名はガイド予約でお願いします。)

までお願いいたします。

電話の場合は日本時間で午前中、メールは24時間受付可能です。

ご予約お待ちしております。

大熊一徳

プロフィール

Kazunori Okuma

Author:Kazunori Okuma
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。