スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミはいないけどセミノ~ル・・・。

 セミノール湖に滞在して数日が過ぎました、相変わらず立ち木に乗り上げまくってます…。

ということで、クリークの奥にある池みたいなところに行ってみると…。
20120225-6.jpg
「お前の落とした斧は金の斧か?、それとも…」
なんて物語に出てくるような景色です。
20120225-7.jpg
とにかくそんな景色の中を延々彷徨うことになります。

クリークチャネルにたくさんのベイトフィッシュが映ったところでプレーニングの為にスロットルを開けようとしたら突然目の前に水中からたくさんの鳥が現れました。
20120225-2.jpg
彼らもビックリしたかもしれませんが私もビックリしましたよ。

ボートドックを釣っていくと桟橋の上にワッ、ワニがいます、作り物かな~と寄ってみると…
20120225-3.jpg
ほっ、本物ですよ、ある意味完璧なセキュリティーです。

そんなボートドックを片っ端から釣っていくとワンテンにグッドサイズ~。
20120225-5.jpg
釣れるドックとそうでないドックがはっきりあるみたいです。

ちなみにクラッピーもヒット~。
20120225-4.jpg
食べると美味しいらしいのですが、私は魚は食べるよりも釣る方が好きです。

ランチのお供はやっぱりドクターペッパー。
20120225-1.jpg
スパニッシュモスが絡んだサイプレスを眺めながらのペッパーは格別です。

今回一番釣れたのはこのワンテンです。
20120225-8.jpg
ただし釣れてくるサイズが2~3lbサイズでばかりでそれ以上のサイズは釣れませんでした、ここセミノールも20lb以上のビッグウェイトが出る湖なのでたぶんもっといんなパターンがあるんだと思います。

4日間程度の短い期間でしたが楽しいセミノールフィッシングでした。

さてガイドの予約カレンダーの更新です。
まだセミノール湖に滞在中のため、いつものようなカレンダーが更新できません。
ということでこのブログで随時空き日を更新していきますのでよろしくお願いします。

2月25現在の4月のガイド空き日は、
6,11,12,13日となっております。

ご予約はいつものように

電話 090-3320-1098

メール kuma_1nori@docomo.co.jp(題名はガイド予約でお願いします。)

までお願いいたします。

電話の場合は日本時間で午前中、メールは24時間受付可能です。

ご予約お待ちしております。

大熊一徳
スポンサーサイト

またまた次の湖への巻

 今度はフロリダ州とジョージア州の州境に位置するセミノール湖にやってきました。来月開催されるエバスタにウェイティングなですが一応エントリーしているのでちょっとだけプリプラクティスに来てみました。

私がセミノール湖を訪れるのは今回が初めて、しかし一度は訪れたかった憧れのセミノール湖です。
20120223-7.jpg
フラットな湖のいたるところに巨大な立ち木が乱立し、そのほとんどが朽ちて水面スレスレになってしまっています。
この景色が意味するところは…。
20120223-8.jpg
きわめて危険だということです、サンティクーパーもそうでしたがここセミノールもかなりヤバイです。

なので湖上に立つ航路標識の間だけが唯一安全にボートを走らせることができます。
20120223-9.jpg
この航路から少しでもズレるともう立ち木だらけで乗り上げまくり…アイドルだったらまだいいのですがプレーニング中だと…怖っ。

そんな立ち木の間を慎重に釣っていくとさっそくスピナーベイトにヒット~。
20120223-10.jpg
小型サイズですか初めての湖で初めて釣れるとうれしいものです。

ここセミノール湖はチャタフーチ川とフリント川の2つの水系の合流点に作られたダム湖です。フリント川とスプリングクリークはクリアで所々に湧き水のクリアな池なんかもあったりします。一方、下の写真チャタフーチ川の方は大きな川で濁っていています。ちなみにチャタフーチー川の上流にはユーフォーラ湖があります。
20120223-3.jpg
たしかチャタフーチー川とフリント川が合流した下流の川がアパラチコーラ川になるはずです。チャタフーチはカントリーの歌詞にも出てくる由緒あるりっぱな川です。

そんなチャタフーチ川で釣りしてるとなんとガーパイクが釣れましたよ。
20120223-1.jpg
オキチョビー湖にもウジヤウジャいて何度かヒットしましたがバレてばかりでした。何年ぶりかの再会です。

このパイクの歯が写真を見ればお解かりの通りこれまた危険です。
20120223-2.jpg
セミノール湖にはワニもいますのでそのうちまたここで紹介します。

ここセミノール湖にも湖畔に別荘がたくさんあってボートドックもたくさんあります、そのボートドックにもマッドボート留まってまってました。
20120223-11.jpg
オキチョビー湖でもたくさん見ましたが、この船外機が特徴で通常の船外機のように冷却水をロワーユニットから取り入れないので水ほとんどないマッドボトムでも走れる優れものです。

このボートは船外機の操作もトローリングモーターの操作、すべてフロントデッキに座った状態で出来るようになってます。
20120223-6.jpg
前後に移動する必要がないので楽チンなのかおじいちゃんが乗っているのを良く見ます。おじいちゃんイケてるぜ。

そんなチャタフーチ川のバックウォーターを釣っていくとスピナーベイトにプリスポーニングのグッドサイズ~。
20120223-4.jpg
高いところでは水温も20℃ちかくあるのでスポーニングも始まってるみたいでネストも見かけました。

あと今回のテーマのひとつは今更ですがノーシンカーの釣りです。各社から出ているセンコースタイルのワームを色々試してます。
20120223-5.jpg
どれもほとんどオリジナルをコピーしているのですが比重や素材の硬さに微妙な違いがあって面白いです。

さてガイドの予約カレンダーの更新です。
まだセミノール湖に滞在中のため、いつものようなカレンダーが更新できません。
ということでこのブログで随時空き日を更新していきますのでよろしくお願いします。

2月22日現在の4月のガイド空き日は、
6,11,12,13,23,24日となっております。

ご予約はいつものように

電話 090-3320-1098

メール kuma_1nori@docomo.co.jp(題名はガイド予約でお願いします。)

までお願いいたします。

電話の場合は日本時間で午前中、メールは24時間受付可能です。

ご予約お待ちしております。

大熊一徳





次の湖に向けて。

 BFLの翌日は次回BFLの大会会場のトホペカリガの滞在先などの下見に行きました。
20120220-1.jpg
滞在先の下見だけのつもりでしたが釣りもしてしまいました。この日は結構寒かったのですが…。

こちらの釣りしない普通の人に「トホ湖に釣り行きます」というと「えっ~、カルフォルニアまで行くの?」との答えが帰ってきます…。
20120220-2.jpg
こんなフロリダの地でもみんな知ってるカルフォルニアのトホ湖とは何故そんなに有名なのか?そちらのほうに興味を惹かれます。ナウマン象で有名な野尻湖みたいに社会の授業で習うのかな?

というわけでまたまた次なる湖を目指します。

さてガイドの予約カレンダーの更新です。
まだオキチョビー湖に滞在中のため、いつものようなカレンダーが更新できません。
ということでこのブログで随時空き日を更新していきますのでよろしくお願いします。

2月20日現在の4月のガイド空き日は、
6,11,12,13,23,24日となっております。

ご予約はいつものように

電話 090-3320-1098

メール kuma_1nori@docomo.co.jp(題名はガイド予約でお願いします。)

までお願いいたします。

電話の場合は日本時間で午前中、メールは24時間受付可能です。

ご予約お待ちしております。

大熊一徳

BFL第2戦の巻

 BFL第2戦が終わりましたよ、結果は私は9lb釣って96位と全くダメダメでした。

今回はスタート時点で湖が霧で包まれてしまい、1時間30分遅れのスタート。こちらでは多少の波風は全く関係なくスタートしますが霧だけは必ずスタートを見合わせます。
ようやくスタート出来たものの私のエリア付近ではまだ霧が残っており、慎重に前方を確認しながら私のスポットを目指しました。
しかし今回もパートナーに立て続けに釣られてしまい、何で釣っているのかなと思ったらなんとセンコーノーシンカー…私がこちらに来て全く釣ったことのない釣り方でした。

それでもサイトや色々な釣りを織り交ぜながら数を釣っていきましたが結果としてビッグサイズが全く入らず終わってしまった感じです。
今回はプラクティスの段階で全く何の手ごたえもなく、とにかく釣って入れ替えていくだけでした。明らかにビッグバスを釣るパターンから何かハズしている感じです。

今回は先週からの寒波に伴う濁りなど色々なことが数日でコロコロ変わっていく中でのトーナメントでしたが本当に奥深い世界を見てしまった感じです。

前夜に行われる受付とパートナーとのミーティング会場は今回はなんとシボーレーディーラーの店舗。
20120217-1.jpg
今回も200人の定員いっぱいの参加でした、オキチョビー湖の人気を伺わせます。しかもなんと今回はBRANDON MACMILLANやJHON COXも参加してましたよ。

今回のパートナーはなんとコーストガードが仕事の人でした、仕事柄か寡黙な感じで無口でした。でも釣りは上手でした。
20120218-1_20120223122434.jpg
彼も入れ替えを繰り返してウェイトを伸ばしましましたが賞金圏内まではもう少しで届きませんでした。

さてこれでオキチョビ湖の試合は終わりました。風になびくスパニッシュモスがなんとなく哀愁漂ってました。
20120218-2.jpg

この鳥は湖のいたるところにいますが、この子の餌場はキャンプ場の釣ってきた魚をさばく場所だったりします。
20120218-3.jpg
結構大きくて、頭が赤くて凄い鳴き声です。

この子は小さくてかわいい子ですが、餌場は生き餌売り場だったりします。
20120218-5.jpg
みんなたくましく生きてます。

オキチョビ~。

 大会が明後日に迫ってきました、最近、その日に釣るエリアによって色々なボートランプを使っていますが、どこのボートランプに行っても見るからにトーナメントオジサンがたくさんいます。

ということでまずはまたまたワニですよ。
20120216-1.jpg
最近気が付いたのですが同じワニでも全身が真っ黒なヤツと上の写真のように縞々の模様があるヤツと2種類いることがわかりましたよ、種類が違うのか個体差なのかはわかりません。ちなみに背中に2オンスシンカーをぶつけると「カチンっ」と硬そうな音がします。しかも何も感じないみたいです…。

そしてここオキチョビーでよく見るのが「餌釣り」、いわゆる生餌を使ったライブベイトフィッシングです。
20120216-2.jpg
もちろん狙っているのはバスです。ワイルドシャイナーをウキに付けてキャストしているのを見ます、具体的な釣り方は判りませんが、たまにデカイのが釣れてます。

そしてもう一つ良く湖上を走っているのがエアボートと呼ばれるお尻に飛行機のエンジンとプロペラを付けたボートです。草の中を縦横無尽に走り回ってます。
20120216-3.jpg
写真のエアボートは観光ツアーみたいでした、ちなみにお値段は$25。今度チャンスがあれば乗ってみたいです。

肝心の釣りのほうはなかなか難しいことになってます、先週末の寒波で一気に水温が10℃近く低下して、強烈な風で濁りが各所に入ってしまい、期待していたエリア自体が機能しなくなってます。
20120216-4.jpg
ビッグサイズも出にくくなっていて3lbサイズでグッドサイズです。3×5で15ポンドが目標です。
20120216-5.jpg
ただ昨日あたりから本格的に気温も戻り、暑くなるにつれて水温も戻ってきているのでどうなるかは判りません。

釣れてくるバスの多くに口の中に黒いスポットがあります…。
20120216-6.jpg
何かと思えばヒルですよ、かなりの確立で寄生してて、3匹以上付いているバスもいました。

今回の会場はキシミーリバーの河口エリアになるのですが、どうやこのエリアは有数のクラッピー釣り場らしく、夕方戻ってくるとクラッピー狙いのたくさんのポンツーンボートで賑わってます。
20120216-7.jpg
明らかに先月より倍増していて今からがシーズンインなのかも知れません。こんど知り合いのおじさんに聞いてみます。

ということで今日も朝から晩までオキチョビ~満喫な一日でした。
20120216-8.jpg

さてガイドの予約カレンダーの更新です。
まだオキチョビー湖に滞在中のため、いつものようなカレンダーが更新できません。
ということでこのブログで随時空き日を更新していきますのでよろしくお願いします。

2月12日現在の4月のガイド空き日。
6,11,12,13,23,24,28日となっております。

ご予約はいつものように

電話 090-3320-1098

メール kuma_1nori@docomo.co.jp(題名はガイド予約でお願いします。)

までお願いいたします。

電話の場合は日本時間で午前中、メールは24時間受付可能です。

ご予約お待ちしております。

大熊一徳

頑張ってます。

 週末に開催されるBFLが近づいて来たので私も本格的に練習してます。
さて昨日まで開催されていたFLW OPENですが結局RANDALL THARPが圧倒的な強さで優勝してしまいました。

その優勝パターンはマットカバーへのパンチング…私が最も敬遠していた釣りです、しかしあれほどの強さを見てしまうとやらない訳にはいきませんよね。
20120212-1.jpg
ということで私もチャレンジです、しかし実はこの釣りは前回このオキチョビー湖に初めて訪れたときにもそれなりに試した釣りでした。琵琶湖でもこの種の釣りがそうであるようにやれば釣れるという訳ではなく、かなりクセがあります。

延々と続くこのマットカバーを撃っていくのですが、案の定バイトがなかなかありません、あってもすっぽ抜けたりとやっぱりクセものです。
20120212-2.jpg
しかも釣りペースがけっして早くないので、時間が幾らあっても足りない感じです。

普通の釣りを試すとすぐにワンナップシャッドでグッドサイズ~。
20120212-3.jpg
これはこれで楽しいのですが、この種の釣りだと中小型サイズが中心になってしまいます。

ということで再度パンチングで釣っていきますが…。
20120212-4.jpg
日が暮れてしまいましたよ。

大会は今週末なので頑張って明日からも練習です。


さてガイドの予約カレンダーの更新です。
まだオキチョビー湖に滞在中のため、いつものようなカレンダーが更新できません。
ということでこのブログで随時空き日を更新していきますのでよろしくお願いします。

2月12日現在の4月のガイド空き日。
6,11,12,13,23,24,28,29日となっております。

ご予約はいつものように

電話 090-3320-1098

メール kuma_1nori@docomo.co.jp(題名はガイド予約でお願いします。)

までお願いいたします。

電話の場合は日本時間で午前中、メールは24時間受付可能です。

ご予約お待ちしております。

大熊一徳

ワニワニワニ~。

 今日はにこりツーショットです。
20120210-1.jpg
3メーター級の大物ですよ。

ということで私は今日もオキチョビーで草の中を彷徨ってます。

一方、FLW OPENは3日目を終了してRANDALL THARPが首位で明日の最終日を迎えています。順当に行けばこのままでしょうが、実はここフロリダに今夜から強力な寒波が入ってきて30℃近くあった気温が一気に20℃以上低下しています。明日の朝は氷点下近くまで気温が低下するとの予報なのでどうなるのでしょうか?

さてガイドの予約カレンダーの更新です。
まだオキチョビー湖に滞在中のため、いつものようなカレンダーが更新できません。
ということでこのブログで随時空き日を更新していきますのでよろしくお願いします。

2月11日現在の4月のガイド空き日。
6,11,12,13,23,24,28,29日となっております。

ご予約はいつものように

電話 090-3320-1098

メール kuma_1nori@docomo.co.jp(題名はガイド予約でお願いします。)

までお願いいたします。

電話の場合は日本時間で午前中、メールは24時間受付可能です。

ご予約お待ちしております。

大熊一徳





またまたオキチョビーっこにやって来ましたよ。

 来週末に開催されるBFLの2戦目に出るためにまたまたオキチョビー湖にやってきました。

まだまだ見たこともないエリアがあるのでそうしたエリアをざっくり見て回ってます。
20120209-1.jpg
こうしたボートトレイルと呼ばれる水草の中を幾つも幾つも走ってます。

本湖が荒れたときはキャナルを使って移動するのですが、その把握もようやく出来ました。
20120209-2.jpg
真っ直ぐなキャナルが何マイルも何マイルも続きます…。

そうやってボートで走り回るにはたくさんのガソリンを使います、そのガソリンの価格ですが私がこちらに来てからドンドン値上がりしてます。この2ヶ月の間に50セントも値上がりしました。
20120209-5.jpg
それでも日本に比べれば安いのですが、ボートでも車でも移動距離が長く、しかも電車などの移動手段がない米国の田舎では深刻な問題です。

まぁ、そんなこととは無関係にこの方は今日ものんびり日向ぼっこです。
20120209-3.jpg
最近はちょっとかわいく見えるようになって来ましたよ。

バスもたくさん釣れるようになっているのですが、なかなかサイズが上がりません。
20120209-4.jpg

ちなみに今週末はFLW OPENが開催されてます。
2日目を終わった段階では1位RANDALL THARP 2位JOHON COX 3位BRANDON MACMILLANといういつもの面子が上位を占めています、もうこの人たちの強さは圧倒的ですよ。
上位のパターンはマットカバーへのパンチングが多いようなのですが、実は私が一番敬遠しているパターンがこの釣りなのです…。
まぁ、この先は長くなるので。

4月のガイドの受付を始めていますのでよろしくお願いします。まだオキチョビー湖に滞在中のため、いつものようなカレンダーが更新できません。
ということでこのブログで随時空き日を更新していきますのでよろしくお願いします。

2月10日現在の4月のガイド空き日。
6,7,8,11,12,13,23,24,28,29,30日となっております。

ご予約はいつものように

電話 090-3320-1098

メール kuma_1nori@docomo.co.jp(題名はガイド予約でお願いします。)

までお願いいたします。

電話の場合は日本時間で午前中、メールは24時間受付可能です。

ご予約お待ちしております。

大熊一徳





4月のガイド予約。

 4月のガイド予約を始めたいと思いますが、まだオキチョビー湖に滞在中のため、いつものようなカレンダーが更新できません。
ということでこのブログで随時空き日を更新していきますのでよろしくお願いします。

2月10日現在の4月のガイド空き日。
6,7,8,11,12,13,23,24,28,29,30日となっております。

ご予約はいつものように

電話 090-3320-1098

メール kuma_1nori@docomo.co.jp

までお願いいたします。

電話の場合は日本時間で午前中、メールは24時間受付可能です。

ご予約お待ちしております。

大熊一徳

夕方だけフィッシングの巻

 ここ数日は少し早いのですが帰国の段取りをやっていて釣りに行けていませんでした。

ということで今日は夕方の1時間だけなんとか釣りに行って来ました。

行った先はまたまた車で10分ほどの近所の湖。
20120131-1.jpg
大急ぎでボートを降ろした時はもう5時を回ってましたよ。

しかしこれが面白いくらいトップに反応するんです、一時間ほどの間に何回も水面が割れました。
20120131-2.jpg
前半の30分はちょっと動画を撮ってみたりしてましたが後半は暗くなってもう画が撮れなくなったのでひたすら釣りまくり。

水面でメガバス・ワンテン・プロペラを「ジュバッ、ジュバッ」と動かしてるとドパンッと水面が割れます。
20120131-3.jpg
しかも45cmくらいのサイズばかりでかなり楽しい夕方フィッシングです。

最後の方はキャストごとに何かしらの反応があって、またまたドパンッと水面が割れる訳です。
20120131-4.jpg
このサイズがトップで釣れればとにかく楽しいの一言。

しかもワンテン・プロペラ丸呑みなわけです。
20120131-5.jpg
こちらはすでにバスのスポーニングが始まっており、そのエリアとリンクしているスポットに小魚が入るとフィーディングが始まります。感じとしては全く5~6月の琵琶湖と同じ感じ、スポーニングシャローにコアユが入ったときみたいです。

とにかく帰りたくないの一言。
20120131-6.jpg
暗くなってルアーが見えなくなる寸前まで釣りしてしまいましたよ。

前半に撮った動画もあるのですが、うまくアップロード出来ることを祈ってください。
プロフィール

Kazunori Okuma

Author:Kazunori Okuma
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。