スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月31日の巻

 世の中色々起こってますが、まずはガイドです。

ということで久しぶりの新鮮な気分でゲストさんとスイミングジグをキャストしていくと私のワンナップエボにグッドサイズ。
20090331-1.jpg
グッドコンディションでが50はなかったと思います。

しかしその後はバイトはあるものの乗らないのでクランクベイトフィッシングに変更。

先週のようにディープX300をキャストしていくと早速私に55オーバー。
20090331-2.jpg
いつものオレンジタイガーです。

またまた私のディープX300に50オーバー。
20090331-3.jpg
もちろんオレンジタイガー!!

そしてまたまた…。
20090331-4.jpg
さすがに…。

ゲストさんのディープX300にもグッドサイズ。
20090331-5.jpg
オオッ!!ゲストさんもオレンジタイガー!!ようやく店頭にこのカラーが並んだとのことでした。

いい感じにガイドの流れになったと思いきやその流れを台無しにする人。
20090331-6.jpg
もちろんディープX300オレンジタイガー!!これも50あったような…。

しかし今度はゲストさんのディープX300オレンジタイガーにも50オーバー!!
20090331-7.jpg
メチャメチャ太ってました。

午後も頑張ってディープX300をキャストしていくとゲストさんにグッドサイズ。
20090331-8.jpg
オレンジタイガー!!

私のオレンジタイガーディープX300にもグッドサイズ。
20090331-9.jpg
オレンジだらけ…。

またまた私のオレンジタイガーディープX300にグッドサイズ。
20090331-10.jpg
スイマセン、ワルノリしてしまいました…。

そしてそしてまたまたオレンジタイガーディープX300…。
20090331-11.jpg
極悪船頭ここに極まれり…。

しかし最後にゲストさんにのオレンジタイガーディープX300にもグッドサイズ。
20090331-12.jpg
他にも乗らないバイトや途中バラシなんかもあり、後半はいい感じでした。

ヤッパリ楽しい琵琶湖でした。





スポンサーサイト

高滝ダムの巻

 T-50第一戦が終了し、ようやく琵琶湖に帰ってきました。
ということで今回は私のトーナメントの内容を真面目に紹介します。

前評判ではワカサギがメインベイトとして多く生息する高滝ダムは他の同じタイプの湖がそうであるように、この時期ワカサギの産卵行動に絡む上流エリアの川筋の戦いとなることが予想されていました。
しかし大会直前の2日間の公式プラクティスでの私の感想は、既に上流エリアのワカサギの動きに絡むパターンはピークを過ぎており、季節や水温の進行的な部分から下流のボディーウォーターが動くタイミングに入っているように感じました。
しかもここ数日の寒の戻りという天候的な側面を考えてもボディーウォーターがより有望でした。

ということで初日の遅いフライトを考えボディウォーターの釣りで勝負することに。狙っていたスポットは3箇所ほどありましたがそのうちの1箇所が他の選手は完全にノーマーク、私一人でそのスポットを独占することが出来ました。
狙ったスポットの水深は5~6mのごく狭いハードボトム、このハードボトムはその岸際にある取水塔に絡むものであり、その取水塔が作る水の動きも重要な要素でした。
初日はショートバイトに苦しみつつもそのスポットから10匹以上のバスをキャッチ、入れ替えを繰り返し4300gで6位のポジションからスタート。

2日目、初日の私のスポットはやはりノーマーク。
高滝ダムのメインレイクは以前にもレポートしたとおり護岸で覆われ、釣れる大場所3箇所は常に船団が形成されている状態。そうした中で一人悠々と釣りが出来るのは奇跡的でもある。
しかしこの日は明らかにサイズがダウンしていた。
私が狙っていたのは越冬明け、もしくは早春にバスが動き出す最初のスポット。つまりバスが次の動きを始めたということある…しかし前記の通りその動く先には既に大船団が形成されてしまっていた…

結果として2日目もそのスポットを終始釣り切り、10匹以上キャッチし、入れ替えを繰り返し3300g
予想通りこのバスの動きで各船団とも爆発的に釣れており5kg、6kgというハイウェイトが続出。私の順位は17位と大きく後退してしまった。

3日目、既に試合の流れは決まっており、この流れの中で釣るスポットが少ない高滝ダムでのプランの変更は極めて難しいと判断。なんとか現在の順位を守りきることに徹するしか選択肢はなくなってしまった。
そのプラン通り、またこの日も私のスポットで一人きりでの釣りが始まった、しかし流石にこの日はバイトが少なく時間いっぱい掛けてなんとか5匹のリミットを釣りきることが出来、2900gをウェイ・イン。

最終的に15位での成績でした。一連の春の動きの中でタイミングさえ違えばまた違った結果になるかもしれなかったが、結果として守り試合となり、それを守りきった形となりました。

次回は私の好きな霞ヶ浦、頑張っていきますよ。

しかし帰りの土日割引よる高速道路の渋滞には凹みました。



いってきま~す。

 今日は一日今週末開催されるT-50第一戦の準備をしていました。
普段釣りをしている琵琶湖はタックルもルアーもがらりと変わるのでその用意だけでも一仕事です。

しかも今回は「エレキ戦」なのでボートも普段と違いその準備もなかなか大変。
20090323-1.jpg
こうした小規模な湖へ行く際は遠征号のウィザード・ジャビルを愛用してます。
13FTの船体に普段は30PSのエンジンを積んでいますが、今回それを降ろしてハンドエレキを装着。
広々としたデッキと安定性は非常に使い勝手が良く、中・小規模の湖にはうってつけのボートです。

今週は冷え込むらしくはてさてどうなることやら、頑張っていってきます。

ということでここもしばらく放置となります、すいません。

3月22日の巻

 いよいよ連休最終日、今日は朝から雨模様…この雨が恵みの雨となるのかガイドスタートです。

ここのところ毎日のことですが、水の入れ替わりが激しくなかなか同じスポットでは釣れません、今日も例外ではなくボートを走らせると昨日とは大きく水が変わっています。

今日も元気にディープX300を巻いていきますが、「カッ」とか「コッ」とショートバイトはあるものの、昨日のように簡単に釣れません。

ということでライトリグを投入すると早速釣れました。
20090322-1.jpg
一部のウィードパッチにのみ魚が固まっているようなのでそこを集中的に釣っていくとゲストさんにもグッドサイズ。
20090322-2.jpg
ライトリグの釣りもけっして簡単ではなく、乗らないバイトなんかもあります。

それでもパッチを丁寧に釣っていくとサイズアップ。
20090322-3.jpg
水温の上昇と共に他にも小型サイズもポロポロと釣れだしてようやく春の訪れを実感することが出来ます。

枯れたウィードに掛けることなく、うまくスイミングさせるとバイトします。
20090322-4.jpg

午後はタイミングを見計らっていつものようにクランクベイトで釣っていくと私のディープX300にグッドサイズ。
20090322-5.jpg

またまた私のディープX300にグッドサイズ。
20090322-6.jpg
しかしゲストさんにはなぜか釣れず、ダメダメガイドな後半でした。

3月21日の巻

 今日は連休中日、予想通りマリーナも大混雑、雲ひとつないぴかぴかの青空…しかしみんなは先を争って湖上へ。こんな日はゆっくり準備して焦らずのんびり湖上へ。

今日は風もなく混雑したエリアを避けて釣ることを最優先、ということでいつものようにディープX300をキャストしていくとゲストさんのザリガニカラーにヒット。
20090321-1.jpg
昨日発覚したのですがこのザリガニカラーはサンプルで発売はしてないとのことです。

今度は私のオレンジ系にヒット。
20090321-2.jpg
このオレンジタイガーも発売されていないとのこと…。

ウィードに掛かったディープXをモゾモゾ外すとオレンジタイガーにグッドサイズ。
20090321-3.jpg
丸々太ったプリスポーンでした、プリのメスはボトムウィードをうまく釣るとヒットします。

同じ釣りでまたまた私のディープX300にグッドサイズ…。
20090321-4.jpg

立て続けにまたまた私のディープX300に…。
20090321-5.jpg
ディープX300の重心移動はフロントではしっかり固定されるので、キャストする前にロッドを振って重心移動のウェイトをテールまで落としてからキャストすると良いです。

今度はゲストさんのザリガニカラーのディープX300にグッドサイズ。
20090321-6.jpg
このバスもかなりいい感じに太ったプリメスでした。

午後もディープX300で釣っていくとゲストさんにデカそうなのがヒット、途中まで寄せたところで一気に手前に走られ、ボート際の締め込みでフックアウト…かなりデカそうでした。

今度は私のディープX300にグッドサイズ。
20090321-7.jpg
今日はここまでほぼずっとディープX300しかキャストしてません。

いい時間になってきたのでビッグバスの予感~なんて思っていると私のディープX300にズッシリ重いバイト!!
20090321-8.jpg
ロ・ク・マ・ルでした…さっきゲストさんのビッグバスがバレてしまったところとほぼ同じ場所でヒットしました。

ということで今日はゲストさんとほぼ一日ディープX300をキャストしまくりのディープクランクレッスンの一日でした。




3月20日の巻

 今日は午後から強い風が吹く予報なのでちょっと注意してガイドスタートです。

まずはいつものようにディープX300で釣っていくとゲストさんにヒット。
20090320-1.jpg
やつぱりこのザリガニカラー釣れます。

さすがに3連休初日とあって湖上は今期一番の混雑、ということで人の少ないエリアへ。

しかしクランクベイトに乗らないバイトがあったり、釣れてもサイズダウンしてます、そうこうしているうちに風が強くなり、風下になるエリアはクローズ。

強い風の中右往左往、ようやく私のディープX300にもヒット。
20090320-2.jpg
しかし後が続かず、明らかにクランクの釣りはパワーダウン…。

ますます冷たい北風が強くなってきたので混雑した風裏でライトリグで私にグッドサイズ。
20090320-3.jpg
今期のライトリグはちょっと難しく、特に今日のように風が強い日はその難易度が高くなってしまいます。

ということで頑張ってスイミングジグをキャストしていくとゲストさんにグッドサイズ。
20090320-4.jpg
シャローレンジはかなりウィードも伸び始めているので、ウィードが掛かりにくいワンナップエボが使いやすいです。

ということで今日は強風で混雑した風裏で3月の琵琶湖に思いっきり翻弄された一日でした。

3月19日の巻

 今日は薄曇の釣り日和!!釣れそうな気配ムンムンムラムラ。

がしかし意外に活性が低く、春の定番の一つライトリグをスイミングさせてようやくグッドサイズ。
20090319-1.jpg
しかし後が続かず、ゲストさんの頭の中には柏原芳江の「春なのに~春なのに~」という歌が延々リピートしてるらしいです。
http://www.youtube.com/watch?v=u_RUljpDUk0&feature=related
以降は↑のリンクで「春なのに」を鑑賞しつつ読み進め下さい。
というか古いし、おじさん年齢バレてます。
「春なのに涙がこぼれます~ため息また一つ~」という歌詞が…実はこの歌、中島みゆき作詞作曲という事実が発覚、どおりで悲壮感漂うわけです。ということでその悲壮感を吹き飛ばすため、その後は思い切ってチャンピオンコースにチャレンジ。

頑張ってディープクランクをキャストしていくとゲストさんの赤いディープX300にグッドサイズ。
20090319-2.jpg
このザリガニレッドはホントに良く釣れます。

そんな真っ赤なジンクス?を打破すべく私はシャッドカラーのディープX 300でグッドサイズ。
20090319-3.jpg
赤くなくても一応釣れますね。

がしかしもう一人のゲストさんもちょっと派手な赤いディープX300でグッドサイズ。
20090319-4.jpg
やはり赤なのか?

ということでエリアを変えてまたまたディープX300をキャストしていくと今度は私のシャッド系カラーにヒット。
20090319-5.jpg
というか赤は二つともゲストさんにお貸ししているので私はこの色しかないんです…。

またまたゲストさんのディープX300ザリガニレッドにグッドサイズ。
20090319-6.jpg
ザリガニレッド恐るべし。

しかし私のシャッドカラーのディープX300にもグッドサイズ。
20090319-7.jpg
ここまで赤系対シャッド系、一進一退の攻防が続きます、まるで紅白歌合戦みたいです。これが赤と青だと共和対民主になります。

最後はシャローをバイブレーションで流していくとゲストさんにグッドサイズ。
20090319-8.jpg
というか最後も赤いです。

3月18日の巻

 今日は春の陽気に誘われてウキウキワクワクチャンピオンコースからスタート。
まずはゲストさんのワンナップシャッドのスイミングジグにグッドサイズ。
20090318-1.jpg
しかしさすがチャンピオンコース、その後は難易度が高くなかなか釣れません。

ということでディープクランクのパターンで釣っていくと…
20090318-2.jpg
サイズが下がってます、ポロポロとは釣れるもののどれも40に満たないサイズ。

その後も頑張って釣っていくとようやく私のディープX300にグッドサイズ。
20090318-3.jpg

しかしその後は小型サイズが釣れただけ、水温の上昇とともに数は釣れるようになって来ましたがサイズが難しいです。

3月16日の巻

 今日から暖かくなる予報にウキウキワクワク、遅めの時間からゲストさんと一緒に湖上へ。

まずは浅い方のレンジをスイミングジグで流していくと私に「コッコッ」と明確なバイト⇒フルパワーでフッキング⇒ラインブレイク…といつもの流れ。

しかしその後は巻けど暮らせどバイトはなく、午後はディープレンジへ移動。

いつもより少し深め(増水により)をディープX300で流していくとゲストさんにグッドサイズ。
20090316-1.jpg
赤い色のカラーでした。

私の赤いディープXにもグッドサイズ。
20090316-2.jpg
実はこの直前までシルバーカラーをキャストしていたのですが、赤系にチェンジした直後に釣れました。

もちろん私も春は赤が良いという話は知っていますが、それは90年代のサムレイバンでの話、私は半信半疑、都市伝説くらいにしか思ってません。

「そう、たまたま釣れただけ、そんなオカルトみたいな話があるかよ、きっと…」

「キタッ」
20090316-3.jpg
50オーバー、メスの完璧なプリスポーンの固体…。

たっ、多分、たまたま、偶然、もしくは誰かの陰謀、騙されてるだけ、そんなオカルトみたいな話…私は信じない…でも、あの色一個しか持ってなかったな~、電話だな。

3月14日の巻

 今日は本来であればガイドの予定だったのですが、昨日の時点でかなり強い風が吹くとの予報が出ていましたので事前にキャンセルとさせて頂きました。
朝はシトシト雨が降りさほどでもない感じだったのですが、午後近くから湖上では実況値で9mの風速が出ていました。
先週もこんな日がありましたが、とにかくこの時期はムリは禁物、安全第一でいきたいと思います。

ということで空いた時間を使って携帯電話からも更新ができるようにブログの設定、もしくは新たにブログを作ろうと試みたのですが…格闘数時間またもや完敗。

なんて凹んでいるところにお土産が到着!!
200903150004000.jpg
私の大好物、Outback steakhouseのグルーミンオニオン!!先週千葉から持ち帰り温存していたドクターペッパーと一緒に頂くことに。

「うまいよ~、最高~!!」と雄たけびつつ10分経過…。
200903150016000.jpg
もうなくなってしまいました…幸せは長くは続きません。

ということで深夜にこんな高カロリーな食物を摂取したのでまた成長の予感。
プロフィール

Kazunori Okuma

Author:Kazunori Okuma
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。