スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月23日の巻

 まずは今日もライトリグで手堅く釣っていきます、ゲストさんの初バスを筆頭にポロポロ釣っていくとゲストさんにグッドサイズがヒット。
20080323-1.jpg
スクールが回ると連続ヒットが続きますが、スクールが過ぎ去ると何も釣れません。
その後徐々に周りに船団が形成されてしまったので人の多いエリアを脱出です。

早めに東岸エリアに渡ると水もクリアアップして良い感じになっています。スイミングジグで釣っていくと早速ゲストさんにグッドサイズヒットです。
20080323-2.jpg
今日のゲストさんは昨年の同じシーズンに同じ釣りで苦い思いをされているので少し心配でしたが克服成功です。

その後もポロポロスイミングジグでヒットが続きます。
20080323-3.jpg
フッキングミスやバラシをあわせるとかなりのバイトがあります。

午後もスイミングジグで釣っていくと続々とグッドサイズが釣れてきます。
20080323-4.jpg
今日はゲストさんのチャートリュースカラーにバイトが集中している感じです。
ただヒット率の割には今ひとつサイズが伸びません。
20080323-5.jpg
40は超えるものの50までは届きません。
20080323-6.jpg
しかしそのまま頑張って釣っていくと今度は私にグッドサイズです。
20080323-7.jpg
こちらはプリメスでした、この1週間は曇天時よりも好天の水温上昇下の方がサイズが上がります、明らかにバスがスポーンを意識しだした証拠です。

最後にゲストさんがグッドサイズをキャッチして今日は終了です。
20080323-8.jpg
今日はスイミングジグを中心にグッドサイズを数多くキャッチ出来たのですが圧倒的なサイズまでは出せませんでした。

ということで私は明日から準備して釣り大会遠征に行きますのでしばらくこのブログも放置です。すいません。
スポンサーサイト

3月22日の巻

 今日はいつもお越しのゲストさんが新キャラのゲストさんとお越し頂きました。
まずはジャークベイト、バイブレーションでサクッと流しますが反応がないのでライトリグでタラッと釣っていきます。
アベレージサイズは難無く釣れる事が判明。
20080322-1.jpg
でもウィードのポケットにうまく入らないと喰いません。
なかなか苦戦していたゲストさんもコツを掴んだら連続バイトです。
20080322-3.jpg
普段はあまりやらない釣りらしくフッキングのタイミングなんかも苦戦されてましたがそれさえ覚えれば…。
20080322-2.jpg
う~んっ、確かにある意味難しいです。

こちらは一向にバイトがないもう一人のゲストさんでしたがシンカーのサイズを変えてからは順調にキャッチ。
20080322-5.jpg
回りも広範囲でポロポロ釣れてはいるのですが魚が集中しているスポットがなくて拾っていくような釣りです。

なんとか頑張って午後もタラタラ釣っていくとようやく私にグッドサイズです。20080322-4.jpg
期待は高まりますが、同じ場所で…。
20080322-6.jpg
ある意味難易度高いです…。というかいろんな場所で釣れても同じ場所で釣れてもサイズはバラバラ。意図的にサイズを狙うのが難しいです、とにかく数を稼ぐしかなさそう。
しかしその後も頑張って釣っていきましたがサイズアップ出来ずに終わってしまいました。サイズアップできない、なかなか難しい一日でした。

3月20日の巻

 今日はいよいよその時がやってきました、遅かれ早かれ必ず来るとは思っていたのですがどうやら昨日の夕方辺りにそのときはやってきたようです。
ということで昨日までとは湖の状況は一変、これまでのパターンが完全崩壊してしまっていることを確認するまでにそれほど時間は掛かりませんでした。

昨日までのハードベイトパターンは捨て去り今日はライトリグで釣っていくとようやくアベレージサイズがポツポツ釣れるようになりました。
20080320-1.jpg
春の定番ジグヘッドの釣りですがフッキング出来ないバイトも多発中です。

そうした細かいバイトに苦戦中のゲストさんにヒットです。
20080320-2.jpg
いきなり50オーバーでした。

午後はハードベイトのパターンも試みますが思うように釣れないのでライトリグのパターンにチェンジすると私のジグヘッドリグにはポツポツ小型サイズが釣れてきます。

しかしゲストさんの「ネコリグ」にはグッドサイズが反応してきます。
20080320-3.jpg
この差は歴然、私のほうが数は釣れるのですがゲストさんの方がサイズはずば抜けて良いんです。

魚は動いているのは間違いなく同じスポットで粘っているとバイトが連発する時間があります、魚が回ると私にも釣れるのですがやはりサイズはゲストさんです。
20080320-4.jpg


昨日はハードベイトオンリー、今日はライトリグオンリーの琵琶湖になかなか振り回されてます、でもそんなチェンジングコンディションを如何に釣るかがバスフィッシングの醍醐味なんですけどね。

3月19日の巻

今日は雨予報です、でも冷たい雨なのでバッチリ防寒でスタート。
今日のゲストさんは普段から良く琵琶湖で釣りをされるらしいので普段のパターンを外してガイドを進めていきます。
ジャークベイトやバイブレーションでポロポロ釣っていくとゲストさんにグッドサイズです。
20080319-1.jpg
カラーはこの時期定番の「赤」。春は赤が効くんですかね。

その後はバイブレーションをを中心に東岸エリアをどんどん釣っていくと私にグッドサイズです。
20080319-2.jpg
私は今日は黒金で釣っています。

今日は数やサイズではなく新しいエリアを釣るというテーマなので色々な春エリアを釣っていきます。それでも結構数も釣れてきます。

今度はゲストさんの赤バイブにグッドサイズです。
20080319-3.jpg
ここまで数、サイズ共に黒金VS赤は互角です。

午後は風も雨も強まりますが頑張って釣っていきます。
30~40cmサイズであれば難無く釣れてきます。
20080319-4.jpg
もうこの辺りから雨、風共に冷たくカメラもヤバイ感じです。

それでもドボドボになりながらも釣れるかぎりガンガン釣っていきます。
20080319-5.jpg
それでも夕方近くになると心も体もドボドボ…。

GO FISHING その3

 今日はお休みなのですがあまりの天気の良さと先週末からの3月とは思えな釣れっぷりにパッパッと雑用業務を済ませてGO FISHINGです。

まずは私の大好きなシャローカバーの釣りです。現在高水位を維持する琵琶湖はかなり奥の奥まで入って行くことが可能なので過去に行ったことがないエリアにチャレンジです。

水深20cmでラインが横に走ると。
20080318-1.jpg
ストライクキング・デニブラジグ1/2+V&Mチャンクというアメリカンなセットで釣れました。

あまり時間がないのでその後は今後のガイドに備え新たなエリアを釣っていくと
20080318-2.jpg
この時期の定番になりつつあるスイミングジグでグッドサイズです。

その後もスイミングジグやバイブレーションでいくつかのエリアで釣ることが出来ました。

5月のガイド受付始めました。の巻

 5月の予約表を更新しました。5月はトーナメントがあるためガイド日程が少なめですがよろしくお願いします。
http://www.kuma1nori.com/page002.html
また、ご予約後に念のため、ご自分の予約が入っているか予約表をチェックして下さい。ご予約が予約表に反映されるには1日程度の時間を要す場合もございます。
ご不明な点などお問い合わせはメールもしくはお電話にてお願いします。
                         大熊一徳

3月15日の巻

晴れ予報ですが曇り空が続く間はジャークベイトで釣っていきます。
20080315-1.jpg
ワンキャスト目からヒットです、昨日のようにジャンジャン釣れるわけではないのですがその後もジャークベイトにポロポロヒットが続きます。
20080315-2.jpg
サイズは30~40cmサイズですが結構ファイトして楽しいです。
20080315-4.jpg
いろんなジャークベイトで釣っていきます。
20080315-5.jpg


太陽が出だしてからはライトリグを中心に釣っていきますがやはりこちらも退屈しない程度にポロポロ釣れてきます。ただゲストさんに良いサイズのバラシがあったもののサイズが伸び悩むのでランチの後はサイズ狙いです。
スイミングジグで釣っていくとゲストさんにグッドサイズです。
20080315-6.jpg
太っていたのですが50はなく48cmでした。

続けてもう一人のゲストさんのジクにもヒットです。
20080315-7.jpg
こちらは53cmでした。

その後はジャークベイトでポロポログッドサイズが釣れて終了です。
20080315-8.jpg


ようやく本格的な春が訪れましたよ。ちなみに17、18日空いてますのでお暇な方はどうぞ。

3月14日、春の雨の巻

 今日は待ちに待った春の雨です。好天が続いた後の暖かい雨、こんな日は間違いなく釣れます。
「今日釣りせずしていつ釣りをする」「今日釣りをせねば何のための人生」「今の立場に身をおいたのは今日釣りをするため」
ちょっと大袈裟なんですが、今日という日はそんな日なんです。

ということで昨夜遅くに旧吉野川から帰ってきたばかりなのですが、今日は朝早くから個人的に釣りに出かけてきました。
20080314-1.jpg
結果はやはり先週までのコンデションがウソのようにジャークベイト一本で簡単に釣れました。あまりデカイサイズは釣れませんでしたが数はかなりの数釣れました、楽しかったです。ようやく琵琶湖も本格的な春のようです。

行ってきましたよ「昔吉野川」の巻

 3月10日~13日の4日間は今期T-50の開幕戦が開催される四国・徳島の旧吉野川にプリプラクティスに行ってきました。
トーナメントとしては約3年ぶりの昔吉野川なんですが、実は2週間前にも同じレークマリーナのガイドの国保プロ、平村プロと行ってきたばかりなんですが、ちょっとそのときの苦い思い出があるので実は
今回はそのときのリベンジも兼ねてます(笑)。

昔吉野川に限らず川のの代表的なスポット「テトラポット」、延々このテトラポットが各所に存在してます。
20080313-5.jpg
はじから水深やテトラの入り具合なんかを見ながら延々チェックしてます。ちなみにこのテトラポットの英語の呼び名は「ウェーブ・ブレーカー」、まぁ、消波ブロックですね。

そんなテトラの列を延々釣っていくとたまに釣れます。
20080313-1.jpg
まだ吉野川も早春、数多くのバスが釣れるわけではないのですが、釣れてくるバスはサイズを問わずどれもすごい太っていてヘルシーなコンディションでした。

そんな吉野川で釣りをしていてふと目に止まるこれ解りにくく隠してありますが、私はピンときましよ、これ。
20080313-2.jpg
そう、これって間違いなく「UFO」です、どうやらこの建物表向きはJTの工場らしいんですが、JTといえば元は国営企業。政府が秘密裏にエイリアンテクノロジーを研究してるんですよここで。んっ、それって映画の見すぎ、ちょっとウィル・スミスなった気分で釣りしてます。
でもこの写真が消されて、更新が止まったら私は政府の秘密機関に拉致されてしまっているはずです。

昔吉野川の釣りを左右するのがこの水門。この水門が開くと一気に水が流れて減水が始まります。
20080313-4.jpg
酷いときは2時間程度で1m近く減水するときもあるほど。

そして昔吉野川にはいたる所に浅瀬があり、いくつかの場所は石なども沈んでいてボート航行には注意が必要です。
20080313-3.jpg
それでもシャローに入ったりしていると、どうしてもスケグを擦ってしまって、せっかくの新品のエンジンのスケグもキズキズ…(涙)でもスケグは消しゴムみたいなものと自分に言い聞かせてます。

今回は意外にソリッドティップのロッド「霧雨」が活躍。
20080313-6.jpg
以前はソリッドティップのロッドは感度が悪いとのイメージがあったのですが、今時のソリッドティップは感度も抜群でロッドパワーもありベンドカーブスムーズ、今やソリッドティップのロッドはスモールマウスだけのものではないです。

本戦はオフリミットを挟んだ約2週間後、変化の激しい春の季節なのでプリプラクティス時とは大きく状況も違ってくると思いますが今シーズンも全開で頑張りますよ。

3月9日の巻

 今日は久しぶりにシモマルケ(霜がバリバリとの意味)からスタートです。
20080309-3.jpg
こんな放射冷却が強い日はお天気が良く、ぽかぽか陽気、しかし…
そう、こんな晴天の日はバイトがないんです。

ケムケムデビュー。
20080309-1.jpg
実は私、琵琶湖で今はやりの「スモラバ」で釣ったとなかったんです。ケムケムをあえて琵琶湖で使う利点は同じ重量のジグヘッドよりもゆっくり動かせて、移動距離が少ないのでスローに釣りたいときに良いみたいです。

しかし案の定この晴天でいつものパターンは完全崩壊…午後は東岸エリアを釣っていくとなとか私に釣れました。
20080309-2.jpg
これもケムケムでした。
ゲストさんにもバイトはあったんですが、うまく乗りません、バイトの感じを聞くととても乗るようなバイトではなく、昨日につづき大苦戦の一日でした。
プロフィール

Kazunori Okuma

Author:Kazunori Okuma
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。