スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月24日の巻

 今日は朝こそ寒かったものの陽が出だすと暖かくなってきました。
しかし小春日和でアベレージサイズのバイトは少なめです。
それでも頑張って釣っていくと私にグッドサイズです。
20071124-1.jpg
50オーバーでした。

どうやら今日はかなりきついハードジャークをしないとバスは反応してくれないようです。
バイト少なめ+ハードジャーク=修行…。

でも頑張ってジャーキングアクションで釣っていくとたまにグッドサイズが釣れてきます。
20071124-2.jpg
ハードジャークアクションに慣れてきたゲストさんにもヒットです。
20071124-3.jpg


午後も腕がパンパンになりつつもハードジャークで頑張っていきますがサイズアップならず。
20071124-4.jpg


やはりバスの活性が上がるタイミングでちゃんと釣れるかが釣果の明暗を別けるようです。そのタイミングが今日は2回しか来ませんでした。
スポンサーサイト

ガイド空き日のお知らせ。

 今シーズンは寒くなるなのが早いようですが、来週から天候はしばらく安定するようです。
南湖でももうしばらくはジャークベイトやバイブレーション、ディープクランクを中心としたハードベイトゲームが楽しめそうです。

11月のガイド空き日
26,27,28,29,30日
12月第一週までのガイド空き日
3,4,5,6,7日

です。よろしくお願いします。

11月23日の巻

 今日も朝から時雨れていますが天候は回復傾向の予報なの期待しつつ湖上へ。
スタート後すぐにゲストさんのバイブレーションにヒットです。
20071123-1.jpg
その後はいつものようにジャークベイトで釣っていきます。
20071123-2.jpg
40cmに届かない程度のサイズまではポロポロ釣れて来ますがそれ以上のグッドサイズがなかなか釣れません。
20071123-3.jpg

20071123-4.jpg
サイズを上げるには何よりタイミングが重要なのですが、なかなかうまくタイミングが合いません。
しかし午後遅くなってゲストさんにグッドサイズがヒットしますがウィードに潜られてしまいます。
でもグッドサイズが動き出したのは間違いないのでそのまま釣っていくとようやくゲストさんにグッドサイズです。
20071123-5.jpg
50cmには届きませんでしたが丸々太ったグッドプロポーションでした。


11月22日の巻

 今日は朝から雨が降ってメチャクチャ寒いです、しかも水路から本湖に出ると風ボウボウでババ荒れ!!もうこのままUターンしたい気分ですが頑張ってボートを荒れ狂う湖へ向けます。

とにかく釣りが出来るエリアを回りますが釣れません…。

10:00近くになってようやくゲストさんのバイブレーションにヒットです。
20071122-1.jpg

その後はいつものようにジャークベイトを中心に35cm前後のアベレージサイズがポツポツ釣れてきますがなかなかサイズアップできません。

午後もジャークベイトで頑張っているとイエローバスが釣れました?
20071122-2.jpg
なぜかこのバス唇が黄色いんです…低水温で唇が赤くなることはあっても黄色いのは見たことないです。

その後はディープクランクにチェンジするとゲストさんサイズアップです。
20071122-3.jpg
続いてグッドサイズです。
20071122-4.jpg
その後もバイブレーションやジャークベイトで釣れてはきますが更なるサイズアップは出来ませんでした。

とにかく寒い一日でした。

11月21日の巻

 今日は朝から風が強く、風と闘うとバックラッシュしてしまいます。
でも頑張ってバイブレーション&ジャークベイトをキャストしていきます。
ジャークベイトにヒットするのは35cm前後のアベレージサイズ。
20071121-1.jpg

前半はゲストさんの方がポツポツですがペース良く釣っていらっしゃいました。ちなみにゲストさんは訳あって顔出しNG。
20071121-2.jpg

午後も頑張ってジャークベイトをキャストしていくとポツポツアベレージサイズが釣れてきます。
ちょっと水深を持たせたラインを釣るとゲストさんサイズアップです。
20071121-3.jpg
50オーバーでした!!

夕方はやはりバイトが集中しますが、サイズが伸びません。やはりサイズを釣ろうと思うとタイミングが重要のようです。

11月20日の巻

 銀山湖から帰ってくるとそこは雪国…そうこの寒波で湖上から見える比良山系には雪が見えてます。
もちろん寒いですが頑張ってガイドスタートです。

今日はゲストさんのリクエストでハードベイト中心でゲームを進めていきます。
スタート直後まずは私のバイブレーションにグッドサイズです。
20071120-1.jpg
この後も30~35cmクラスがポロポロ釣れてきます。

しかし空から雲が消え、太陽が出だすとバイトも遠くなっていきました。特に風が強くなってからはぴたっとバイトが止まってしまいます。

それでも頑張ってキャストし続けるとゲストさんもバイブレーションでバスをキャッチです。
20071120-2.jpg

午後もそのままハードベイトオンリーで頑張ってゲストさんサイズアップです。
20071120-3.jpg

夕方近くになると風も収まり、またバイトが集中しますが、サイズアップは出来ませんでした。


ああっ、生野銀山湖の巻

 T-50第4戦の振り替え戦が行われた生野銀山湖から帰ってきました。結果は今回もダメダメ。しかも半端なダメではなく、完全ダメ試合…。前回が超久しぶりの5点試合だったのに今回は更にそれを上回る釣り人生史上最悪の成績で終わりました。
予選2日間ともゼロという結果は過去に経験したことはありません…あの史上最悪といわれた旭川戦や東条湖戦ですら完全ゼロはなかったのに。

今回は前回とは違いプラクティスではそれなりの感触を得ていました、また一応完全ゼロではなく、初日は一応釣ったんでんです、しかしプラクティスからの心配事が見事的中、私が狙っていたのは水深15m以深のスーパーディープ。そのため丁寧にランディングしてもキープした直後にそのバスはデッドフィッシュとなってしまいました。
確かにこの水深から釣ったバスを元気にウェイイン出来るかは微妙なのですが、今回のバスはディープでもベイトフィッシュを捕食しているタイプではなくエビなどの甲殻類を捕食しているタイプだったため余計にダメージが大きかったようです…。
それ以後はもうそのパターンを捨てざるを得ず、かといってパターンが限定されている湖では立て直すことも出来ずに終わってしまいました。

プラクティスから3週間以上経った銀山湖はおもいっきり紅葉してました。
20071119-1.jpg
紅葉を見ながらのんびりディープを釣るのはこの時期の定番なんですが、銀山湖には意外な真実が…。

一応これで今シーズンの釣り大会は全日程を終了しました。年間ランキングはこの2戦で一気に落ちてしまい、結果16位…。応援していただいた皆様のご期待にはお応えできませんでしたが、この場を借りてお礼を言わせていただきます、「ありがとうございました。」

ということでこれからはおもいっきり琵琶湖で釣りしますよ!!


11月11日の巻

 今日は琵琶湖に天皇陛下が来られているので慎重?に湖上へ。
今日のゲストさんは師匠です。
20071111-1.jpg
最近暴走気味の師匠は勝手にスピナーベイトで釣ってました。
私はジャークベイトでグッドサイズです。
20071111-2.jpg
今日は昨日唯一良かったエリアを重点的に各レンジを釣っていきます。やはりお昼近くにバイトが集中します。
20071111-3.jpg
一方師匠の相方のナカイサンはポロポロジャークベイトで釣れるものの何故かサイズがイマイチ…。
20071111-4.jpg
今日はカラーなのかアクションの違いなのか、同じルアーや釣り方でも結果に大きな違いが生まれてしまいました。
20071111-5.jpg

11月10日の巻

 今日からは南湖に戻ってガイド再開です。朝からジャークベイト、バイブレーションでガンガン流していきますがいつものようなバイトがありません…。
ようやくお昼近くになってゲストさんにグッドサイズです。20071110-1.jpg

水温が上がりだしたお昼からはバイトの数も増え、バイト自体も明確になってきました。
20071110-2.jpg
しかしバイブレーションなど巻き続けるルアーに対しては反応が悪く、ストップアクションが入るジャークベイトにのみバイトが集中します。
20071110-4.jpg
しかも釣れるエリアが限られており、そこを外すと極端にバイトがないです…。
20071110-3.jpg
数日前までは各エリアでそれなりに数多くつれていたにもかかわらず、今日はバイトの数が半減してしまいました。

11月8日の巻

 今日明日とガイドがキャンセルになったので、急遽、湖北の様子を見に行ってきました。

広大な湖面と広い空、紅葉が始まったばかりの木々に囲まれた湖北は私が普段釣りをしている南湖とは全く景色が異なります。
20071108-1.jpg
もちろん釣りそのものも南湖のそれとは大きく異なります。

これからの湖北は初冬までの期間、数釣りが楽しめます。
20071108-2.jpg
ライトリグやジャークベイトなどスピニングがメインとはなりますが、このサイズが入れ喰いです。

湖面を眺めているとなにやらバシャバシャ、ボイルらしきものを発見!!
20071108-3.jpg
近づいてみるとなんとビワマスがペアリングしています。彼らはこの時期が産卵期、婚姻色が出で鮭みたいでした。こんな光景が見られるのは湖北にそれだけ自然が残っている証拠。(注:今回私が目撃した場所は特定の禁漁区域や保護区域内ではありません。)

一日だけの湖北の釣りでしたが、普段の見慣れた景色を離れ新鮮な気持ちで釣りが出来ました。
20071108-4.jpg
でも湖北はまさにこれからがシーズンイン。水温がいち早く低下する南湖と比べ、水深がある湖北は水温の低下も遅く12月以降も十分釣りが楽しめます。
プロフィール

Kazunori Okuma

Author:Kazunori Okuma
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。